5月28〜29日に決勝レースが行われた第50回ニュルブルクリンク24時間レース。SP9クラスでは各マニュファクチャラーのGT3車両が総合優勝をかけた激しい争いを演じ、サバイバルレースの様相を呈した。そんなニュルの決勝後パドックから、各種トピックスをお届けする。

■最多周回数記録に並ぶ。昨年比では『プラス100周』
 アウディR8 LMS GT3で総合優勝を遂げたフェニックス・レーシングは、2014年に打ち立てられた最長走行距離記録に肩を並べた。クリストファー・ハーぜ/クリスチャン・マメロウ/レネ・ラスト/マーカス・ウィンケルホックは、今年の優勝チームが達成したのとまったく同じ159ラップをその年に走破し、これがレコードとなっていた。

 今年の優勝者となったロビン・フラインス/フレデリック・バービッシュ/ドリス・ファントール/ケルビン・ファン・デル・リンデは、2021年に優勝したマンタイ・レーシングよりもちょうど100周多い周回数を走行した。マンタイは昨年、史上最も短いニュル24時間を制していたからだ。

 2022年のニュル24時間は、週末前に何人かのドライバーが希望していたように、赤旗中断なしでレースが行われた。2020年と2021年のレースでは、悪天候のため赤旗中断があった。

 なお、今回のレースは129台がスタートし、そのうち93台の順位が認定、完走扱いとなった。

■パワステオイルを継ぎ足し続けて総合優勝
 優勝したフェニックスの15号車アウディR8 LMS GT3陣営は、レースの大半でパワーステアリングのトラブルと格闘していた。

 このため、フェニックスのメカニックはピットストップのたびに15号車のエンジンカバーを外して点検を行った。ファン・デル・リンデは次のように説明した。

「ポンプからオイルが漏れ、いくらかのパワーアシストを失った。だから、ピットストップのたびにオイルを補充していたんだ」

「それはレース序盤に起こり、残り20時間もたせることができるのかどうか分からなかったので、とても憂慮すべき事態だった」

 ファン・デル・リンデ自身は15号車でトップチェッカーを受ける前、ダブル・エントリーしていた兄弟車の5号車でクラッシュを喫しており、その栄光への道のりは「ジェットコースター」のようであり、高い精神力が要求されるものであったという。

「15号車が優勝するのを見せる格好となり、5号車のクルーには申し訳ないと思っている」

 アウディはこれでニュル24時間レースで6勝を挙げ、メーカー別の勝利数ランキングでフォードを抜き、3位となった。しかしBMWは20勝、ポルシェは13勝を保持しており、その差は歴然としている。

■勝利から遠ざかるメルセデスAMG
 ゲットスピード・パフォーマンスは、同じメルセデスAMG陣営であるブラック・ファルコンが2018年に2位と3位になって以来はじめて、優勝せずに2台を表彰台に送り込んだチームとなった。

 ゲットスピードの競争力のある走りにも関わらず、メルセデスAMGはニュルブルクリンク24時間での勝利から遠ざかっている。2016年のブラック・ファルコン以来6年間勝利がなく、これはドイツの4大マニュファクチャラーの中で最長となっている。

 その2016年の優勝メンバーのひとりであるアダム・クリストドーロウは今回、総合2位となった。

「ゲットスピードは僕らにめちゃくちゃ速いクルマを用意してくれ、素晴らしい仕事をしてくれた。おかげで僕らはプッシュすることができたし、ギャップを縮めることができたんだ」

「ここでは天候が変わりやすいので、(勝負の決め手となったタイヤ選択は)ちょっとしたギャンブルのようなものだ。受け入れるには少し辛いものがあるが、ここから学び、来年はもっと強くなって帰ってくるよ」

■恐怖の夜間クラッシュ映像。オイルが原因?
 アストンマーティン・レーシングは、TFスポーツが開始7時間あまりでリタイアに追い込まれたアクシデントの際のオンボード映像を公開した。

 ドライブしていたニッキー・ティームは、ガルゲンコプフでスリップを喫する前に、路面にオイルがあったと報告している。

 別のタイミングではあるが、同じコーナーでクラッシュしたのはデニス・オルセンがドライブするKCMGのポルシェ911 GT3 Rだった。

 チームは原因を調査中だ。チームマネジャーのマット・ホーソンは「メカニカルトラブルではないようで、コース上に何かがあったのかもしれない」と述べている。「夜間にオイルに絡む事故があったので、それが原因かもしれない。しかし、まだ我々はオンボード映像を見ていなんだ」。

 KCMGは予選でトー・リンクのトラブルが発生し、20番手以内にも入れないという波乱の週末を過ごしていた。その後、ウォームアップではアクシデントに見舞われ、外装にダメージを負っていた。レースでは度重なる衝撃のため、エンジンマウントにトラブルが発生していた。

「これらのコンタクトが原因となってトラブルを引き起こし、対応が後手に回ってしまった」とホーソン。「まさに試練の一日だった」。

 兄弟対決の末にクラッシュしたマンタイ・レーシングをはじめ、多くのポルシェ勢がドラブル・アクシデントに見舞われ、トップ10に入ったポルシェ911はファルケン・モータースポーツの33号車の1台のみだった。

 コンラッド・モータースポーツのランボルギーニ・ウラカンGT3は、トップ10で唯一の非ドイツ車となった。

■WECでのライバルが同ピットを共有
 グリッケンハウス004Cは、3度目のニュル24時間で総合12位となった。深夜1時30分頃、フランク・マイルーはトップ10圏内を走行中に他車と接触。この事故によってディフューザーを破損したグリッケンハウスは、順位を下げた。

 チームオーナーのジム・グリッケンハウスは、SCG 004CがNLSニュルブルクリンク耐久シリーズの今年残りのラウンドにファクトリーとして参戦することはないが、カスタマーの手で登場する可能性を否定していない。

 なお、ふたつのWEC世界耐久選手権ハイパーカークラスに参戦するエントラントが、ニュル24時間では同じピットガレージを共有していた。グリッケンハウスと同ピットとなったのは、プジョーのLMHプログラムの責任者を務めるジャン・マルク・フィノーを含む、ステランティスの幹部たちがドライブするマシンだ。

 この89号車オペル・アストラ・カップでフィノーは、ジャン・フィリップ・インパラート、カルロス・タバレス、フランソワ・ウェールズとステアリングをシェアし、総合79位、SP3クラス5位でフィニッシュしている。

 ステランテスのCEOであるタバレスは、夜間に停止していたファルケン・モータースポーツの44号車ポルシェと接触してしまうというアクシデントに見舞われた。このポルシェはアウディスポーツ・チーム・カーコレクションのニコ・ミューラーによってスピンさせられたもので、ミューラーはストップ&ホールド・ペナルティを受けた。

■23万人もの観客が集まる
 2019年の開催以来となった定員制限のないニュル24時間には、ファンが大挙して押し寄せた。イベント主催者のADACノルトラインは、レースウイークには23万人もの観客が集まったと発表した。

 ニュル24時間の伝統に則り、観客たちはフォーメーションラップの一部でノルドシュライフェのトラックサイドに立ち、レースに臨む車両たちに声援を送った。