レクサスは2022年6月1日、SUVモデルの新型『RX』を発表した。レクサスRXはSUVならではアグレッシブさとエレガンスな雰囲気を融合させたラグジュアリーSUVとして人気を博すモデルだ。そのRXが全面刷新を遂げ、5代目のニューモデルに生まれ変わった。日本での発売は、2022年秋頃を予定してしている。

 レクサスRXは、1998年に北米にてラグジュアリーSUVのパイオニアとして誕生した。2005年には、レクサス初のHEVモデルとなる『RX400h』を発売し、ラグジュアリーSUV市場に初めてHEVモデルを導入。電動車でもパイオニアとして走行性能と環境性能の両立を追求し、1998年から2022年4月末時点まで、約95の国と地域で累計約350万台が販売されてきた。

 今回発表された5代目となる新型RXは、4代目となる前モデルから全面刷新を遂げることとなった。「対話できるクルマ、走って楽しいクルマ」への挑戦を掲げ車両の素性を磨き上げ、乗心地と静粛性を大切にしつつ、レクサス独自の乗り味『Lexus Driving Signature』をさらに進化させたという。

 また、パフォーマンスモデルの『RX500h F SPORT Performance』には、レクサスRZに続き、電動化技術を活用した四輪駆動力システム『DIRECT4』を採用。新開発のハイブリットシステムと組み合わせることにより、レスポンスの良い伸びやかな加速を実現したという。緻密な四輪駆動制御で、前後輪のグリップ力を最大限に活かし、車両姿勢のコントロールも行いながら、ダイレクトかつトルクフルで気持ちのいい、電動車の新たな走りを実現している。

 そして、一層多様化するユーザーのニーズやライフスタイルに寄り添いつつ、カーボンニュートラル社会実現に貢献すべく、多彩なパワートレーンを設定している。RX500hには、電動化技術による新たなドライビング体験を実現する『2.4L-T HEV DIRECT4』、RX450h+にはクラストップレベルのEV航続距離と力強い加速性能を実現する『2.5L PHEV E-Four』が、RX350hには低燃費と気持ちの良い走りを実現する『2.5L HEV E-Four/FF』が、そしてRX350は、トルクフルでダイナミックな走りを実現する『2.4L-T AWD/FF』と、それぞれ異なるパワートレインを搭載する。

 さらに、デザインの変革を掲げ、エクステリアデザインでは、踏ん張り感のあるスタイルを表現。レクサスの独自性を追求した『スピンドルボディ』という塊感のあるボディと、冷却機能を両立するフロントグリルが一体となった造形となった。

 インテリアデザインでは、人間中心の『Tazuna Concept』に基づき、クルマとドライバーがより深く直感的につながり、操ることを楽しめるドライバー席と、開放的で快適な居住空間の両立を目指したとしている。

 新型RXを手掛けた大野貴明チーフエンジニアは発表にあたり、「初代RXがラグジュアリーSUVとして誕生して24年。これまで世界各国の多くのお客様にご愛顧をいただきました」

「5代目となる今回、『運転が楽しい』という喜びをより多くのお客様へお届けしたいという想いのもと、レクサスのグローバルコアモデルだからこそ、守りに入らず、変革に挑戦してきました」

「『このクルマに乗って走ること自体が楽しくなった』、『同じドライブでも、もっと気持ちいい感覚になれた』、そんな素の自分になれるクルマを目指して、徹底的にクルマの素性を鍛え上げ、新たな走りや、魅惑的でありながらも機能に根差したデザインを追求し続けてきました。開発と生産が一体となり、お客様に寄り添い、人生を豊かにする愛車となれるように、新型RXを最後まで妥協せずにつくり込んでまいりました。ぜひご期待下さい」とコメントしている。

 6月1日に世界初公開となった新型RXの主要諸元(プロトタイプ)は以下のとおりだ。

■新型RX 主要諸元(プロトタイプ)
全長:4,890mm(±0)
全幅:1,920mm(+25)
全高:1,695mm(−10*1)
ホイールベース:2,850mm(+60)
タイヤサイズ:19/21インチ
( )括弧内は従来型差
*1:地域/仕様によって異なる

■新型RX特設サイト
URL:https://lexus.jp/models/rx/worldpremiere/