6月3日、静岡県の富士スピードウェイでENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第2戦『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』の公式予選が行われ、Grid Motorsport AMG GT3(マーティン・ベリー/高木真一/黒澤治樹/山脇大輔)が総合ポールポジションを獲得した。

 近年は多くのエントラント、ファンを集め盛況となっているスーパー耐久シリーズ。2022年の富士24時間にも多くのチームがエントリーし、今回は過去最多となる9クラス全56台のマシンが参戦を行う。専有走行が行われた6月2日(木)は快晴に恵まれ、予選日の3日(金)も雲はあるものの、ドライコンディションでAドライバーとBドライバーの合算タイムで争われる公式予選がスケジュールどおりの12時からスタートした。

 FIA-GT3マシン5台が総合優勝を賭けて争うST-Xクラスは、Aドライバー予選でGrid Motorsport AMG GT3を駆るマーティン・ベリーが、まずは1分42秒627というタイムを記録して先行する。しかし、その後はHELM MOTORSPORTS GTR GT3の鳥羽豊との争いが繰り広げられ、鳥羽が1分42秒598をマークしてベリーを上回る。

 その直後に連続アタックを行っていたベリーが1分42秒326を記録して鳥羽のタイムを更新するも、直後に鳥羽が1分42秒197とさらにタイムを縮めトップに躍り出る。15分間のAドライバー予選も残り時間が少なくなり、これで決定かと思われた矢先、ベリーが再び最後のアタックに入る。

 コース中の視線が蛍光イエローのAMG GT3に注がれるなか、フィニッシュラインに戻ってきたベリーはST-XクラスAドライバー予選で唯一の41秒台となる1分41秒709を叩き出し、Aドライバー予選をトップで終えた。

 その後のBドライバー予選では、昨年の富士24時間を制したDAISHIN GT3 GT-Rをドライブする藤波清斗が1分39秒902をマークしてトップで終えるも、高木真一が1分40秒507を記録したGrid Motorsport AMG GT3がAドライバーとBドライバーの合算タイムで3分22秒216を記録して総合ポールポジションを獲得した。

「いい作戦だったと思う。(アタック)3周目にタイヤがピークに達したから、それからプッシュすることができるようになり、いくつかミスをしたけれど良いアタックだった」とAドライバー予選を担当したベリーは自身のアタックを振り返った。

 また、2020年の富士24時間を制している高木は「24時間レースの先頭はあまり重要ではないのですが、でも一番前からのスタートは悪いことではないです。本当にマーティンさんが今回から加わって下さり、ジェントルマンドライバーの速さを見せつけてくれたのかなと思います」とベリーの走りを称賛した。

 GT4規格マシンで争われるST-Zクラスには7台がエントリー。Aドライバー予選では名門TEAM 5ZIGENが投入する5ZIGEN AMG GT4をドライブする大塚隆一郎が1分49秒168というクラストップタイムを記録すると、Bドライバー予選で太田格之進が1分48秒740を記録し、3分37秒908という合算タイムでクラスポールとなった。

 ST-Zの2番手にはPORSCHE 718 Cayman GT4 RS CSが続き、今回の富士24時間から参戦開始となる2台のアウディは苦戦を強いられ、Hitotsuyama Audi R8 LMS GT4がクラス6番手、RED SEED Audi R8 LMS GT4がクラス7番手で予選を終えている。

 ホンダ・シビック・タイプR・TCR同士の戦いとなるST-TCRクラスは、Aドライバー予選でTeam Noah HONDA CIVIC TCRを駆る塚田利郎が1分51秒413を記録してRacer HFDP CIVICを上回る。続くBドライバー予選ではRacer HFDP CIVICの中野信治が1分49秒201を記録するも、合算タイムで上回ったTeam Noah HONDA CIVIC TCRがRacer HFDP CIVICを0.679秒差で下しクラストップとなった。

 今回の富士24時間では7台がエントリーする注目のST-Qクラスは、Aドライバー予選では小河諒が1分47秒858、Bドライバー予選では菅波冬悟が1分47秒714と、両セッションでトップタイムを記録したENDLESS AMG GT4が開幕戦に続いてトップに。

 注目の新型ニッサンZをベースとしたNissan Z Racing Conceptも初の予選アタックを終え、NISMOの230号車は平手晃平が1分49秒879、松田次生が1分49秒159を記録してクラス2番手、総合順位ではST-Zクラスに割り込む14番手に食い込んだ。

 しかし、僚友でもあるMax Racingが走らせる244号車は、Aドライバー予選で田中哲也のドライブ中にTGRコーナーでコースアウトするアクシデントに見舞われてしまう。コースアウトの原因は「詳しく調べないと分からないが、恐らく駆動系のトラブル」ということで、マシン修復のためBドライバー予選は出走できなかったが、その後のセッションでは走行を再開している。

 ORC ROOKIE Racingの2台は、蒲生尚弥と豊田大輔がアタックしたORC ROOKIE GR86 CNF Conceptが総合32番手、佐々木雅弘とMORIZOがドライブした“水素カローラ”ことORC ROOKIE GR Corolla H2 conceptは総合37番手で予選を終えている。なお、MORIZOは最後のアタックで2分00秒540というベストタイムを記録しており、ピットで見守っていたチームからは歓声が沸き起こった。

 MAZDA SPIRIT RACINGのマツダ2バイオ・コンセプトは総合42番手で予選を終えている。なお、Team SDA Engineering BRZ CNF ConceptはAドライバー予選で井口卓人のドライブ中に「エンジンが吹けなくなってしまった」とのことで緊急ピットイン。井口は3分40秒906というタイム記録のみに留まったが、Bドライバー予選までにマシン修復が完了し、山内英輝が続くセッションで1分57秒410というタイムを記録している。

 ST-1クラスは、Aドライバー予選で井田太陽が1分47秒106というベストタイムを記録し、Bドライバー予選ではベテラン加藤寛規が1分45秒773のクラストップタイムをマークしたシンティアム アップル KTMが首位となった。

 ST-2クラスは冨桝朋広と菊地靖が予選アタックを行った新菱オート☆夢住まい館☆DXL☆EVO10が合算で3分46秒122を記録してクラストップに。2番手にはENDLESS GRヤリスが0.397秒という僅差で続き、3番手にもKTMS GR YARISがつけ、トヨタGRヤリス勢も速さをみせている。

 ST-3クラスのトップは、Aドライバー予選で服部尚貴が1分52秒188、Bドライバー予選で吉田広樹が1分51秒074を記録した埼玉トヨペット GB クラウン RSが、2番手のエアーバスター WINMAX RC 350 55ガレージ TWSを1.976秒引き離しクラスポールを奪っている。

 そして今回の富士24時間が実質の開幕戦となるST-4クラスは、Aドライバー予選で河野駿佑が1分56秒611、Bドライバー予選で松井孝允が1分55秒823をマークしたTOM'S SPIRIT GR86が、見事GR86デビューレースでのクラスポールポジションを獲得。2番手には旧型マシンでの戦いとなるが、熟成の進むシェイドレーシング86が続き、こちらも今回の富士24時間がデビューレースとなるWeds Sport GR86がクラス3番手という結果になっている。

 今回のレースで最も参戦台数が多い14台が争う激戦のST-5クラスは、Aドライバー予選で山西康司が2分04秒538というレコードタイムを記録し、Bドライバー予選でも松村浩之が2分04秒750で両ドライバーともST-5のコースレコードタイムを更新したLOVEDRIVEロードスターが合算で4分09秒288を記録しクラスポールに輝いている。