6月4日、WRC世界ラリー選手権第5戦イタリアは競技3日目に突入。土曜日のデイ3はSS10〜17が行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合首位に立った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は前日の総合7番手から同6番手へと順位をひとつ上げている。

■2022年WRC第5戦ラリー・イタリア・サルディニア 暫定結果SS17後
Pos.No.DriverMachineGap18O.タナクヒョンデi20 Nラリー12h43'35.6242C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+46.036D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+1'06.847P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+1'31.8569K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+2'23.2618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3'52.3744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+5'03.3821N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+6'09.2R4E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+6'54.1R11T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1SF12R33E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1SF16R16A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1SF17
※リザルトは編集部集計