2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブルのセルジオ・ペレスがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。アルファタウリの角田裕毅は7番手だった。

 前戦モナコGPから2戦続けての市街地レース。とはいえバクー市街地サーキットはモナコとはまったく性格の違う、最高速350km/hを超える超高速市街地コースだ。各マシンは最高速重視の、ローダウンフォースのマシンでタイムを競う。

 そしてこれまで一度もウエットレースになっていないのも、モナコと違う点だ。この週末もずっと快晴の予報、初日金曜日は雲ひとつない青空が広がり、現地時間午後3時からのFP1は、気温26度、路面温度44度のコンディションで始まった。

 開始後7分、ハースのミック・シューマッハーが旧市街を上がり切ったところで止まってしまう。マシン右側からの盛大な水漏れが原因だった。さらにその7分後には、ウイリアムズのニコラス・ラティフィも、ターン4のブレーキングで突然エンジンがカットオフし、立ち往生してしまった。いずれもVSC(バーチャルセーフティカー)が導入されたが、すぐにセッションは再開された。

 この週末の見どころのひとつが、2.2kmもの超ロングストレートをはじめとする何本かの直線で、どれほどポーパシング(激しい縦揺れ現象)が出るかということ。フェラーリは2台ともかなり激しく揺れているが、ブレーキング手前では収まっている。一方メルセデスはコーナーへの進入にかけても、揺れが収まっていない感じだ。

 それに対してレッドブルは、ポーパシング自体はひどくない。ただしフェルスタッペンのリヤウイングは、DRS作動時にフラップがふらついている。それでもフェルスタッペンはセッション中盤までは、トップを譲らずに周回を重ねた。しかしマシン挙動がかなり不安定なようで、「酷い風が吹いてる」と何度も訴えた。

 終了20分前にはペレスが1分45秒476で首位に立った。その数分後には、ルクレールも0.127秒差で2番手に浮上。フェルスタッペンはチームメイトにコンマ3秒以上の差をつけられて3番手に甘んじた。4番手カルロス・サインツ(フェラーリ)、5番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、6番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、7番手角田、8番手ジョージ・ラッセル(メルセデス)、9番手ガスリー、10番手エステバン・オコン(アルピーヌ)というトップ10の結果だった。