角田裕毅(アルファタウリ)は、F1第8戦アゼルバイジャンGP初日を総合8番手で終えた。この日、角田はフリー走行1回目を7番手で発進。2回目のフリー走行ではひとつポジションを落として8番手となったが、大きなトラブルもなく、2セッション連続でトップ10内をキープした。

 角田が最初のセッションからトップ10内につけたのは、今シーズンこれが5回目となる。これまでの4回は開幕戦のバーレーンGP(9番手)、第2戦サウジアラビアGP(6番手)、第4戦エミリア・ロマーニャGP(9番手)、第6戦スペインGP(10番手)だ。そのうち、2回目のフリー走行でもトップ内を維持できたのは1回しかなく、今回はサウジアラビアGPのフリー走行2回目の10番手よりも上となっている(エミリア・ロマーニャGPはスプリントが開催されたため2回目のフリー走行は土曜日だった)。

 F1にデビューした2021年のアゼルバイジャンGPでは7位入賞しているように、角田とコースとの相性は悪くない。それでも、昨年のアゼルバイジャンGPの1回目のフリー走行は14番手だったことを考えると、今回の7番手と8番手は今シーズン最も安定して速い初日だったと言える。

「1日を通して、とてもスムーズなセッションだったと思います。スムーズだっただけでなく、いずれもトップ10内に入るパフォーマンスを安定して出せたこともよかった。願わくば、残り2日間も、このようなポジションで走りたいと思います」と角田も語っており、順調だった様子だ。

 その角田が警戒しているのが、アルピーヌだ。現在、アルファタウリはコンストラクターズ選手権でアルピーヌのひとつ下の7位に甘んじており、逆転したいところだが、フリー走行2回目ではフェルナンド・アロンソが4番手、エステバン・オコンが9番手とアルファタウリよりも強力なポジションにつけている。

 ただし、角田は「確かに今日は彼らの方がちょっと速かったようですね」とアルピーヌの速さを認めつつも、「フリー走行2回目ではレースに向けていいロングランもできたし、レースではそうならないことを祈ります」と逆転を目指す。

 そして、こう続けた。

「今日は僕だけでなく、チームメイトも2セッションでトップ10に入っていて、チームとしていい走りができているので、この調子をキープして、予選ではQ3進出を目指したいと思います」

 アゼルバイジャンGPは角田にとって初めてQ3に進出したグランプリ。2年連続でQ3へ進出するチャンスは十分ある。