2022年F1第9戦カナダGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。アルファタウリの角田裕毅は17番手だった。

 雨模様の予報も出ていたカナダGPの週末だったが、幸い雨雲はサーキットを外れ、FP2もドライ路面で行われるようだ。午後5時の時点で気温26.7度、路面温度は42.1度と、FP1とほぼ同じコンディション。セッション開始とともに多くのマシンがコースインしていった。

 しかしメルセデス2台はしばらくガレージにこもり、ルイス・ハミルトンは14分過ぎにようやく出て行った。アルファロメオのバルテリ・ボッタスも、1周だけで戻っている。一方、角田はFP1前にICE(エンジン)、ターボ、MGU-H、MGU-Kを交換。それぞれ4基目のため、グリッド後方からのスタートが確定した。

 車載映像で見る限り、サインツのポーパシング(縦揺れ)がひどい。セッティングの違いなのか、ルクレールはそれほど激しく揺れていないようだ。

 開始後23分、VSC(バーチャルセーフティカー)が導入された。観客席から空き缶が落ちたようで、回収後すぐに解除された。ボッタスはギヤボックスの不具合のようで、その後コースに出て行ったものの、タイムを出せないまま再びピットに戻っている。

 セッション序盤からずっと首位をキープしているフェルスタッペンが、ソフトで1分14秒127までラップタイムを伸ばした。早くも2セット目のソフトを投入したルクレールは、0.081秒及ばず。コンマ2秒落ちでサインツ。そしてセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のチャンピオンコンビが4、5番手につけた。

 セッション後半は各車ロングランに移行。アロンソとエステバン・オコンのアルピーヌ勢だけはハード新品を履き、1分18秒台前半のハイペースで周回を重ねた。この週末のアルピーヌは、一発タイムだけでなくレースペースも速そうだ。

 このセッション、首位フェルスタッペンから5番手アロンソまでの順位は変わらず。6番手ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、7番手ラッセル、8番手ランド・ノリス(マクラーレン)、9番手ダニエル・リカルド(マクラーレン)、10番手オコン。ペレスはソフトでタイムロスを喫し、11番手。ハミルトンはジョージ・ラッセルよりはるかに揺れ方が激しく、13番手が精いっぱいだった。角田はロングランに専念し、最多37周を稼いで17番手。ボッタスはトラブルで3周しか走れず、ノータイムの最下位だった。