2022年F1カナダGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はフリー走行1=14番手/2=17番手だった。

 FP1の時間帯にFIAは新しいパワーユニットエレメントを投入したマシンを発表。これにより、角田のパワーユニットの7エレメントすべてに関し新品が投入されたことが明らかになった。そのうちICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kのシーズン4基目を入れたことで、シーズン中に使用できる基数を超え、ペナルティを受けることとなった(エナジーストア2基目、コントロールエレクトロニクス2基目、エキゾーストシステム5基目については範囲内)。角田はグリッド後方からのスタートとなる。

 チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズは、「裕毅はPU交換によるペナルティを受け、日曜にはグリッド後方からスタートする。そのため、今日はロングランを集中的に行った。ショートランのペースは本来のものではない」と述べている。

「(FP2で5番手だった)ピエール(・ガスリー)のペースの方が、マシンパフォーマンスをより正確に表している」

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
フリー走行1=14番手(1分16秒322:ソフトタイヤ/33周)/2=17番手(1分15秒567:ソフトタイヤ/37周)

 カナダのこのサーキットを走ったのは今日が初めてです。このトラックが大好きだと感じました。本当に楽しくて、エンジョイできました。

 FP1で3周か4周走った段階で、早くもペースに乗ることができたので、ポジティブな一日だったと思います。

 路面がバンピーで、しかもかなりテクニカルなコースなので、次のプラクティスセッションでもペースを築き上げていき、トラックについてもっと学んでいく必要があります。

 今週末は(パワーユニット交換による)ペナルティを受けるので、日曜のレースへの準備としてロングランの作業に集中しています。レースでポジションを上げていけるといいですね。