2022年F1第9戦カナダGPのフリー走行3回目が行われ、アルピーヌのフェルナンド・アロンソがトップタイムをマークした。2番手はピエール・ガスリー(アルファタウリ)、3番手はセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)となっている。アルファタウリの角田裕毅は17番手だった。

 ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでは雨が降っており、気温11度、路面温度16度というコンディションでセッションがスタート。各車フルウエットタイヤを履いてコースへ出て行くが、マシンからは大きく水煙が上がっている。序盤はタイムを出すマシンも半分ほどしかいないなかで、角田が1分38秒262でトップに立つ。開始20分を過ぎると、金曜のFP2を走ることができなかったバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)が1分37秒909をマークした。

 フェラーリはカルロス・サインツが1分36秒381、1分35秒858とトップタイムを更新。セッションの折り返しを迎えた時点で計測を行ったのは14台で、首位サインツ、1分36秒074で2番手にアロンソ、1.7秒差の3番手にガスリーが続いている。

 後半に入るとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)もコースに出るが、タイムを出さずにピットへ戻る。そんななかベッテルが1分35秒821でトップに浮上し、その後各車はインターミディエイトタイヤを投入。アロンソが1分33秒836で首位に立った。

 終盤はジョージ・ラッセル(メルセデス)以外のマシンがインターミディエイトに履き替えて走行。マグヌッセンがターン2でコースアウトを喫して芝生の上でストップし、黄旗が掲示されたが、マグヌッセンは自力でコースに戻った。フェルスタッペンもターン2の芝生でストップしたがコースへ復帰している。

 そのままアロンソが首位でセッションは終了し、2番手はガスリー、3番手はベッテルとなった。4番手以下はオコン、マクラーレンのダニエル・リカルド、ランド・ノリスと続き、ラッセル、セルジオ・ペレス(レッドブル)、フェルスタッペン、サインツとなっている。角田は17番手だった。グリッド降格の決まっているシャルル・ルクレール(フェラーリ)はタイムを計測せずにFP3を終えている。

■2022年F1第9戦カナダGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps114F.アロンソアルピーヌ1’33.83615210P.ガスリーアルファタウリ1’33.8891835S.ベッテルアストンマーティン1’33.89118431E.オコンアルピーヌ1’34.0031653D.リカルドマクラーレン1’34.1101464L.ノリスマクラーレン1’34.24813763G.ラッセルメルセデス1’34.25911811S.ペレスレッドブル1’34.4981091M.フェルスタッペンレッドブル1’34.616101055C.サインツフェラーリ1’34.778181177V.ボッタスアルファロメオ1’35.016151224周冠宇アルファロメオ1’35.213151318L.ストロールアストンマーティン1’35.531231420K.マグヌッセンハース1’35.643171544L.ハミルトンメルセデス1’35.692121623A.アルボンウイリアムズ1’35.761171722角田裕毅アルファタウリ1’36.261271847M.シューマッハーハース1’37.38818196N.ラティフィウイリアムズ1’38.394112016C.ルクレールフェラーリNo Time5