2022年F1第9戦カナダGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)だ。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=5位
 全力を尽くしたよ。5位という結果をうれしく思うことはできないけれど、自分のグリッド位置と、レースの展開を考えれば、これが今日可能なベストの結果だった。

 レースの序盤はフラストレーションが溜まった。ずっとDRSトレインの後ろを走り続けたんだ。だからとにかく忍耐力を持ち続けなければならなかった。

 ピットストップの後、またDRSトレインの後ろに戻った。そこから改めてポジションアップを目指した。その時の方が最初のDRSトレインの時よりずっと面白かった。目的を達成するために、かなりアグレッシブに行動する必要があったんだ。

 今回のように、状況のなかで最大限のポイントを取らなければならないレースもある。今日の僕たちはまさにそれをやってのけたんだ。

 次のシルバーストンが楽しみだ。カレンダー中、一番好きなサーキットのひとつだからね。次回は大量にポイントを稼ぎたいね。

(ピットストップに時間がかかった結果、再びDRSトレインの後ろになってしまったことについて聞かれ)ピットストップで問題があり、その後のレースがかなり困難になった。悪い状況に陥った。ピットストップでDRSトレインから逃れた後、またDRSトレインの後ろになってしまい、それが最終的に僕のレースに影響したんだ。
 それでもマシンにペースがあるのは分かっているから、それがモチベーションにつながる。

 こういう困難な週末にはできるだけ多くのポイントを取ることが必要とされる。今日はそれを成し遂げた。心配してはいない。クリーンな週末を過ごして、僕たちが強力であることを示したいという気持ちがとても強い。それをシルバーストンでできるといいね。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ジョージ・ラッセル 決勝=4位
 ハース勢とアルピーヌ勢をパスして順位を上げられることは確信していた。一方で、(フェラーリのシャルル・)ルクレールとチェコ(レッドブルのセルジオ・ペレス)が後ろから追いついてくることを、とても心配していたんだ。幸い、彼らに前に出られることはなかった。

 今日のレースペースは、今年これまでよりも、フェラーリやレッドブルとの差が小さかった。でも僕たちはパフォーマンスの問題を抱えていて、彼らはそうではない。

 どんなことでも、後から考えると簡単に答えが分かるものだ。最初のバーチャル・セーフティカーの際にピットインしていればよかったと思うけど、結局、最終結果は変わらなかっただろう。

 ファーストスティントのペースはとても良くて、セカンドスティントも良かった。リスタート後の最終スティントは、なぜかタイヤをうまく機能させることができなかった。それで少し前との差が開いてしまい、戦えなかったのは残念だ。とはいえ4位でチームに大量にポイントをもたらすことができたし、メルセデスがまた表彰台に上れたのは素晴らしいことだよ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=3位
 正直言って、3位を獲得できて、感情的になっている。今年はチーム全体でこのマシンとの大きな闘いに挑んでいる。僕たちは、慎重に、集中を維持し、決して諦めずに取り組んでいるんだ。そのことを僕は心から誇りに思うし、自分のクルーからは常に刺激を受けている。モントリオールに来ているスタッフ、ファクトリーで働いているスタッフの全員に、心からありがとうと言いたい。

 今トップ争いをしているチームは、僕たちが立ち向かうには少し速すぎる。それでも今日は全力を尽くし、差を縮めつつあると思っている。これからもひたすら努力し続けていこう。いずれ彼らと戦えるようになるといいね。だって今日、彼らの姿を目にしたのは、終盤にセーフティカーが出動した時だけだからね!

 でも今日の僕たちのペースはとても良かった。特にセカンドスティントが良かったと思う。シミュレーターでもサーキットでも、正しいセットアップをマシンに施すために、多くの作業に取り組んだ。だからこそ、今、とても興奮しているんだ。繰り返しになるけれど、この結果を今週末手に入れることができるとは思っていなかった。僕にとって今年2回目の表彰台だ。そしてとても特別な結果だよ。ここは僕にとって、グランプリ初優勝の地だからね。ここモントリオールが大好きだ。カナダの皆に心から感謝しているよ!

(『Sky Sports』に対して語り)マシンのことで個人的にとても厳しい年を送っている。だから、予選では(4番手になれて)感動してしまった。ガレージでの僕たちは「素晴らしいことが起きた!」という感じだったよ。

 そして今日は力強いレースができた。それが僕に、この先への大きな希望と自信を与えてくれる。

■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=2位
 堅実なレースをしたと思う。最後の最後までマックスと激しいバトルをした。レースを通してペースはとても良かったが、残念ながら最後のセーフティカーの後、リードを失った。その後、全力を尽くしてレッドブルを抜こうとしたけれど、このコースでオーバーテイクをするには、0.2秒か0.3秒ではなく、もっと大きなアドバンテージが必要だ。

 優勝できなくてがっかりしているが、カナダではポジティブな要素をいくつか見つけることができた。今日、コース上で最速だったのは僕たちだった。マシンの感触もはるかに良くなり、レースを通してプッシュし続けることができたんだ。

 これから勢いを増していき、今回の感触を次戦シルバーストンにつなげる必要がある。

■オラクル・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=1位
 今回の週末は僕にとってとてもスムーズだった。喜ぶべきことだね。

 全体的に見て、フェラーリ勢はレースでとても速く、強力だった。終盤はエキサイティングだったよ。最後の2周は本当に面白かった。最善を尽くして、全力で戦った。

 終盤のセーフティカーは僕にとっては不利だった。カルロスは僕より新しいタイヤを履いていたから、難しい状況になったんだ。防御するよりアタックしたかったけれど、最終的には幸いうまくいった。それに、今年の僕たちはストレートで速いから、それがすごく助けになっている。

 次はシルバーストンだ。トラディショナルなトラックで走るのが楽しみだ。チーム全体で集中し続け、改善できる点を見つけていく必要がある。

 今日はもう少しペースがあると予想していた。カルロスに比べると、少しペースが足りなかったようだ。だから予想していたよりも苦労した。

 終盤は絶対にミスはできないと分かっていた。良いレースをしたよ。タイヤをセーブし続けるだけのレースではなく、F1カーでプッシュできる方が楽しいしね。

 彼がDRSを使えるところでは、その前のコーナーをうまく立ち上がる必要があった。でも、重要なのは、全体的に、ミスを絶対にしないで限界ぎりぎりまでプッシュすることだった。真剣にレースをしたし、真剣にプッシュした。少しオーバーステアが出た時があって、ミラーを見たら、カルロスも同じだった。つまり本当にぎりぎりの戦いだったんだ。でもいいレースだったよ。