6月21日、マツダはフランス、ル・マンのサルト・サーキットで6月30日から7月3日にかけて開催されるル・マンクラシック2022において、『マツダ787B』によるデモンストレーション走行を実施すると発表した。

 1991年にル・マン24時間レースで日本車メーカーとして初めて総合優勝を果たしたマツダ。4ローターロータリーエンジンを搭載し“世界三大レース”のひとつを制した787Bは、同社の飽くなき挑戦の象徴だ。

 マツダは昨年、787Bのル・マン優勝から30年を迎えることを記念し、往年のル・マンカーが2年に一度集う人気のクラシックレースイベント、ル・マンクラシックでの同マシンの走行を予定していた。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大にともないイベント自体が延期に。このため、節目の走行は叶わなかった。

 だが今回、昨年の代替イベントとして開催されるル・マンクラシック2022において2013年以来、9年ぶりにロータリーサウンドがル・マンの地に轟くことが決定。モデルカーブランドのスパークの協力のもと、グループCレースが開催される7月1日と翌2日にデモンストレーション走行が実施されることになった。

 このデモランでは、ル・マン出場回数29回の実績を誇る“ミスター・ル・マン”こと寺田陽次郎氏が787Bのステアリングを握る予定だ。

 なお、同イベントのグループCレースでは既報のとおり、関谷正徳/中嶋一貴組が乗り込むトヨタトムス85Cをはじめ、ポルシェ962、ジャガーXJR、プジョー905、ニッサンR90CK、アストンマーティンAMR1などの出場が予定されている。