WRC世界ラリー選手権の2022年シーズン第6戦が6月23日、東アフリカのケニアで開幕した。26日まで続く競技の初日は、首都ナイロビ郊外のカサラニでスーパーSS(SS1)が行われ、前回大会の覇者であるセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップタイムをマーク。初日の総合首位となった。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)はトップから1.9秒差の総合6番手につけている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第6戦サファリ・ラリー・ケニア暫定結果 SS1後
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー13'18.8211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.638O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1.1433E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1.2519S.ローブフォード・プーマ・ラリー1+1.8618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1.9742C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+4.4844G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+4.792O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+5.81016A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+7.11169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+11.6
※リザルトは編集部集計