6月24日、WRC世界ラリー選手権第6戦ケニアの競技2日目に設定されたSS2〜7が行われ、さまざまなアクシデントが選手たちを襲うなか、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が前日の総合11番手から首位に浮上。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合2番手につけた。また、エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)も続きトヨタ勢がワン・ツー・スリー体制を築いている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第6戦サファリ・ラリー・ケニア暫定結果 SS7後
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー11h20'58.1218勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+0'14.6333E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'22.448O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'25.3511T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0'57.561S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2'08.272O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+4'27.1820K.カイエタノビッチ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+9'51.1942C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+10'24.6119J.セルデリディスフォード・プーマ・ラリー1+11'23.61244G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+14'38.2R16A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1TC6R19S.ローブフォード・プーマ・ラリー1TC4A
※リザルトは編集部集計