6月25〜26日、フェラーリ・ジャパンは三重県の鈴鹿サーキットにて、日本では4年ぶりの開催となる『ERRARI RACING DAYS 2022(フェラーリ・レーシング・デイズ2022)』を開催した。イベントには全国から500台以上の跳ね馬たちが集結し、F1マシンのデモランなどでフェラーリ創業75周年を祝福した。

 世界的に有名なイタリアの自動車メーカー、フェラーリの創業75周年を迎える2022年、日本では4年ぶりの開催となるフェラーリ・レーシング・デイズが鈴鹿サーキットで開催された。会場には全国から500台以上のフェラーリと、そのオーナー1000人以上が集結し、これまでフェラーリが築き上げてきた歴史を蘇らせた。

 イベントでは、世界最高峰の自動車レースであるF1を戦ったF10、F2003GA、F189や、オーナーが専用車両を購入し、クローズドコースをドライブすることで得られたデータを将来の市販車開発に役立てる『フェラーリXXプログラム』のXXK、599XXによるデモランが繰り広げられた。

 また、サーキット走行初心者が先導車とともに鈴鹿サーキットでの走行を体験するファミリードライブ、さらにスピード規制が緩やかなエキサイトドライブ、ライセンス保持者が対象のスポーツドライブ、プロドライバーがステアリングを握る488チャレンジ・エボに同乗してサーキット走行を体験するホットラップなども実施。

 会場内には、フェラーリの新ミッド・リヤエンジン・ベルリネッタ・スパイダー『296GTS』が特別展示されたほか、812コンペティツィオーネ、296GTB、SF90スパイダー、ローマ、ポルトフィーノといった現行モデルや、F40、250GT TdFのクラシックカー、モンツァSP1、SP2なども展示された。

 さらに、オーナーのユニークな個性を車両に自由に反映できるテーラード・プログラムの紹介や、フェラーリのアフターセールス・サービスを案内するサービス・クリニックなどの様々なプログラムも行われ、会場を埋め尽くしたフェラーリ・オーナーにとって、今回のフェラーリ・レーシング・デイズも忘れられないイベントになったはずだ。