2022年シーズンもトヨタGRスープラ、ホンダNSX-GT、ニッサンZ GT500の3車種15台が戦いを繰り広げるスーパーGT GT500クラス。世界にも類を見ない4メーカーによるタイヤ開発競争もあいまって、毎戦熾烈な戦いが繰り広げられている。しかし、その戦いを支えるのはエンジンや車体、タイヤだけではない。あまり外観からではパッと見でわかりづらい、各所の重要なパーツも、さまざまなサプライヤーが競って開発を行い、スーパーGTの激しい戦いを支えている。

 今回はそんなパーツの中からホイール、ハーネス(シートベルト)、ワイパーの3種類のメーカー別シェアを見てみよう。なお、これらの結果はオートスポーツweb編集部の独自調査によるものでチームやサプライヤー各社の公式発表ではないことを承知頂きたい。

* * * * * * * *

 先述のとおり、スーパーGTでは4社のタイヤメーカーがタイヤを開発・供給しコンペティションを繰り広げている。そんなタイヤに車軸の回転力を伝える上で、欠かせないのがホイールの存在だ。それでは、2022年シーズンのGT500クラスのホイールメーカー別のシェアを見てみよう。

 5台に供給するエンケイがトップ、4台が装着するレイズがシェア2位、SSR(タナベ)が2台でシェア3位と、国内に自社で鍛造設備を有するメーカーがトップ3を占める結果となった。

 今季より3チームがホイールメーカーをスイッチしている。まず、2017年シーズンよりモデューロのホイールを装着してきたTEAM KUNIMITSUがレイズを装着。

 また、2014年シーズンよりBBSジャパン製ホイールを装着していたTGR TEAM SARDがエンケイに変更。そして2018年シーズンからBBSジャパン製を装着していたTGR TEAM ZENT CERUMOがTWSへスイッチしたことで、今年のGT500クラスはBBSジャパンユーザー不在のシーズンとなった。

 なお、BBSジャパンはGT300クラスに参戦するSUBARU BRZ R&D SPORT、Studie PLUS BMWの2台へ供給を継続するほか、今季よりF1とNASCARへワンメイクホイールを供給している。

 上記のように、GT500クラスでは数年ごとにホイールサプライヤーを変えるチームもあるなか、ホイールメーカーのウェッズがメインスポンサーを務めるTGR TEAM WedsSport BANDOHは、GT300クラス参戦中の1998年シーズンより、一貫してウェッズスポーツのホイールを装着している。

 なお、GT500クラスでは2009年シーズンの3戦に出走したASTON MARTIN 赤坂 DBR9がイタリアのOZレーシングを装着して以降、全車が日本メーカーのホイールを装着している(2019年に開催されたスーパーGT×DTM特別交流戦を除く)。日本のホイールメーカーにとって、製品の研究、開発が可能で、プロモーション展開をする上でも、GT500というカテゴリーは貴重な存在なのだということが読み取れるだろう。

■ハーネスはドイツとイタリアの老舗メーカーがシェアを分ける

 次はハーネス(シートベルト)のシェアを見てみよう。2020年に編集部が調査した際には日本製を含む3メーカーのハーネスが使用されていたが、2022年シーズンは自動車競技および航空ハーネス産業において地位を確立しているドイツのSCHROTH(シュロス)と、イタリアの老舗ブランドで、ハーネス界の定番ブランドのひとつSabelt(サベルト)の2社がシェアをわけあうかたちとなった。

 なお、今シーズンから登場のニッサンZ GT500は全車がサベルト製ハーネスを採用している。一方、トヨタGRスープラ GT500とホンダNSX-GT(タイプS)はシュロスを使用するチームが多いなか、オートスポーツweb編集部の独自調査では、ZENT CERUMO GR SupraとModulo NSX-GTはサベルトを採用していた。

 やはり、マニュファクチャラーからの車両(および部品)の引き渡しの時点から“純正扱い”で装着されている物をそのまま使用しているチームが多いようだ。しかし、最終的にどのメーカーのハーネスを使用するかは、チーム側が決めることができるとのこと。そのため、ふたりのドライバーのそれぞれの好みが、どのハーネスを使用するかを左右する大きなポイントとなっているようだ。

 最後にワイパーのシェアを見てみよう。2020年の調査に引き続き、2022年第3戦鈴鹿時点での調査でも全チームがボッシュ製のワイパーブレードを使用していた。

 市販車では通常、2本のワイパーブレードが装着されているが、GT500の場合はフロントウインドウ下部中央を起点にした1本のワイパーブレードで視界を確保する。使用されているワイパーモーターはボッシュが供給する共通部品に指定されており、高速走行時の膨大な空気抵抗に対応するためワイパーの保持トルクが強化されているなど、モータースポーツ用途に特化した仕様となっている。

 なお、ワイパーのワイプ角度は160度の広さを誇る。また、スイッチの切り替えで『停止』『間欠』『スピード1』『スピード2』『シングルストローク』の5つのモードで使用できるとのこと。ウエットコンディションの際には、ワイパーの稼働速度や、稼働パターンの違いも見ることができるかもしれない。

* * * * * * * *

 モノコックからサスペンションまわりの細かなパーツまで、多くの領域で部品の共通化が進んでいるGT500クラス。エントラントが独自に車両を仕立てることもできるGT300クラスと比べると少なめだが、複数のサプライヤーによるコンペティションは依然として健在だ。GT500車両を間近で見る機会があれば、是非それぞれの車両の細かなパーツにも目を向けてほしいところ。そして、スーパーGTの“パーツ戦争”をより身近に感じてもらえると幸いだ。

■2022スーパーGT GT500クラス
タイヤ、ホイール、ハーネス、ワイパー装着サプライヤー覧
No.車両名タイヤホイールハーネスワイパー3CRAFTSPORTS MOTUL Zミシュランレイズサベルトボッシュ8ARTA NSX-GTブリヂストンワークシュロスボッシュ12カルソニック IMPUL Zブリヂストンエンケイサベルトボッシュ14ENEOS X PRIME GR Supraブリヂストンエンケイシュロスボッシュ16Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTダンロップSSRシュロスボッシュ17Astemo NSX-GTブリヂストンSSRシュロスボッシュ19WedsSport ADVAN GR Supraヨコハマウェッズスポーツシュロスボッシュ23MOTUL AUTECH Zミシュランレイズサベルトボッシュ24リアライズコーポレーション ADVAN Zヨコハマレイズサベルトボッシュ36au TOM'S GR Supraブリヂストンエンケイシュロスボッシュ37KeePer TOM'S GR Supraブリヂストンエンケイシュロスボッシュ38ZENT CERUMO GR SupraブリヂストンTWSサベルトボッシュ39DENSO KOBELCO SARD GR Supraブリヂストンエンケイシュロスボッシュ64Modulo NSX-GTダンロップモデューロサベルトボッシュ100STANLEY NSX-GTブリヂストンレイズシュロスボッシュ
*以上の結果はオートスポーツweb編集部の独自調査によるもの