2月末に開幕した2022年のNTTインディカー・シリーズ。ロードアメリカが今年の8戦目だった。今年は全17レースなので、次のミド・オハイオが中間地点だが、インディ500はダブルポイントなので2戦分と考えるとちょうど半分が終わった計算になる。

 ランキングトップは293点を稼いでいるマーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)。ダブルポイントのインディ500優勝が効いているのはもちろんだが、8戦で表彰台3回、トップ10/6回という安定感、しぶとさが高いチーム力との相乗効果を生んでいる。

 しかし、このまま彼が最後まで逃げ切るという展開は想像しにくい。予選でのスピードもまだ上位で安定……というレベルにはないからだ。チャンピオンになるためには、もう一段ステップを上がる必要があるだろう。




 エリクソンのトップと並んで意外に感じられるのが、2番手にウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がつけていること。開幕戦で3位に入ると、その後の3戦で連続して4位フィニッシュ。

“らしくない”安定感を発揮した後、GMRグランプリでポールポジション獲得。そして、デトロイトでは作戦を味方につけてもいたが、彼ならではの他を寄せ付けない速さと、タイヤを労わる走りや前車とのギャップのコントロールなど非常にクレバーなベテランらしい走りも実現して今季初勝利を飾った。


 続くロードアメリカではルーキーにブツケられて上位フィニッシュの可能性を潰され、獲得ポイントは現在266点。二度目の王座を目指せる位置にいるが、不運な面も健在だ。

 ポイント3番手はジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)。テキサスでは最終ラップにチームメイトのスコット・マクラフランをパスして優勝(オーバル)し、ロングビーチではアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)、ロマン・グロージャン(アンドレッティ・オートスポート)とのバトルを制して2勝目(ストリート)。

 さらに、ロードアメリカではアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)を悠々突き放しての優勝(ロードコース)とすでに3勝もしている。三種類のコースで勝って新賞金100万ドル(自分の好きなチャリティに寄付する)も授与された。


 しかし、ランキングは3番手。エリクソンとの間には32点の差がある。3勝というのはチャンピオンになれても不思議はない数字だが、1勝のライバルたちを相手に追う立場となっている。混戦模様の2022年シーズンだが、8戦3勝のニューガーデンがチャンピオン候補のナンバーワンと見ることができる。

 開幕8戦でウイナーは6人誕生している。ランキングトップ3以外だとマクラフラン(開幕戦セント・ピーターズバーグ)、パト・オワード(第4戦バーバー)、アンドレッティ・オートスポート・ウィズ・カーブ・アガジェニアンで走るコルトン・ハータ(第5戦GMRグランプリ)が1勝ずつを挙げている。


 勝っていて不思議はないのに今年まだ勝てていないドライバーとしては昨年度チャンピオンのパロウと6回チャンピオンになっているスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)だ。

 ディクソンはインディ500で2年連続、通算5回目のPP獲得を果たしたが、オーバル以外での予選パフォーマンスは悪くなっている。


「新しいタイヤへの対応が良くなかった」と言っている彼は、今シーズンはまだ3段階の予選でファイナルへの進出を果たしていない。Q1での敗退も複数回あった。シーズン後半にその辺りを修正して来れない場合、17年続いて来ている1シーズン1勝の記録が途絶えてしまうかもしれない。

 とは言うものの、終盤のピットスピード違反によって21位フィニッシュとなったインディ500をを除く7戦すべててトップ10フィニッシュ、そのうち3回がトップ5という成績はさすが。ベストリザルトはデトロイトでの3位と表彰台が僅か1回というのは寂しいが、ランキングは6番手で、トップとは69点差。2勝を挙げれば即チャンピオン争いに加われるだろう。

 ランキング4、5番手につけているオワード(1勝)とパロウ(未勝利)は、このままでは終わらないはずなので、シーズン後半戦に注目すべき存在となるだろう。



 逆に、チャンピオン争いをするはずだったハータは1勝しているがランキングは11番手と今年のタイトル獲得は難しい状況だ。彼のチームメイトのロッシも復調の兆しらしきものはみえているが、2019年以来となる優勝に今シーズン中に手を届かせることはできるか微妙なところだ。

 チャンピオン争いは現在のトップ6であるエリクソン、パワー、ニューガーデン、オーワード、パロウ、ディクソンに絞り込まれたと見てよいのではないだろうか。

 後半戦、優勝が期待されるドライバーとしては、リナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)、佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング・ウィズRWR)、グロージャン、シモン・パジェノー(メイヤー・シャンク・レーシング)が挙げられる。

 ミド・オハイオからのシリーズ後半戦。チャンピオン争いはさらに白熱していくだろう。