7月9日、イタリア・ミラノ郊外のモンツァ・サーキットにおいてWEC世界耐久選手権第4戦モンツァ6時間レースの予選が行われ、ロマン・デュマがアタッカーを務めたグリッケンハウス・レーシングの708号車グリッケンハウス007 LMH(デュマ/オリビエ・プラ/ピポ・デラーニ組)がポールポジションを獲得した。8号車トヨタGR010ハイブリッド(TOYOTA GAZOO Racing)がフロントロウの2番手、36号車アルピーヌA480・ギブソン(アルピーヌ・エルフ・チーム)が3番手に続くトップ3オーダーとなっている。

 土曜の午前中から実施された2度のプラクィスを経て迎えた予選は現地17時30分、気温29.9℃/路面温度50.5℃、ドライコンディションのなかでGTEクラスのクオリファイ・セッションからスタートした。

 2台のプジョー9X8が加わり、計6台での戦いとなったハイパーカークラスの予選では、セッション開始早々にデュマがドライブする708号車グリッケンハウスが1分35秒855を記録して暫定トップにつける。直後ニコラ・ラピエール駆る36号車アルピーヌが1分36秒台のタイムで2番手に。さらに7号車トヨタGR010ハイブリッド(TOYOTA GAZOO Racing)に乗り込んだ小林可夢偉が1分36秒515で2番手に割り込んだが、このタイムは抹消となる。
 
 一方、デュマは自己ベストを更新し1分35秒416までタイムを縮める。ラピエールも0.5秒近くタイムを削ったが、前戦ル・マンでポールを奪ったブレンドン・ハートレーの8号車が1分36秒335で2番手に食い込んだ。僚友7号車はふたたびのアタックで4番手に浮上するとともに、グスタボ・メネゼスのアタックで1分37秒253を記録した94号車プジョー9X8(プジョー・トタルエナジーズ)を5番手に追いやっている。

 予選開始から8分25秒後、プジョーのもう一台である93号車がコース上にストップしたため赤旗が提示される。この後セッションが再開されることはなく、708号車グリッケンハウスの今季2度目となるポールポジションが確定した。

■フェラーリ、GTEプロ/GTEアマ両クラスでポールポジションを獲得

 LMP2クラスは、フィリペ・アルバカーキがドライブした22号車オレカ07・ギブソン(ユナイテッド・オートスポーツUSA)が1分38秒403というタイムをマーク。同クラスのポールシッターとなった。これに44号車オレカ07(ARCブラティスラバ)、41号車オレカ07(リアルチーム・バイ・WRT)が続き、クラス4番手となった83号車オレカ07(AFコルセ)までが1分38秒台に入っている。

 LMGTEプロクラスは、アレッサンドロ・ピエール・グイディ駆る51号車フェラーリ488 GTEエボ(AFコルセ)が“跳ね馬”の母国ラウンドでポールを奪取した。セッション前半にクラストップに立った51号車は一時、ニック・タンディの64号車シボレー・コルベットC8.R(コルベット・レーシング)と姉妹車52号車フェラーリに逆転を許したが、コルベットのタイムが抹消された後、終盤のアタックで記録した1分45秒270でアントニオ・フォコがステアリングを握った僚機を再逆転した。

 そのままAFコルセのワン・ツーに終わるかと思われたが、セッション最終盤にコルベットが最後のアタックを敢行。52号車のタイムを1000分の4秒上回る1分45秒324を記録してみせ、フェラーリ勢の間に割り込んでいる。

 LMGTEアマは、ベン・キーティングが乗り込んだ33号車アストンマーティン・バンテージAMR(TFスポーツ)がクラストップに立った状態でチェッカーフラッグが振られた。しかし、その段階で最後のアタックを行なっていた85号車フェラーリ488 GTEエボ(アイアン・デイムス)のサラ・ボビーが、“メガラップ”と言うべき走りで1分47秒431をマーク。見事、逆転でクラス最前列グリッドを手にした。
 
 同じく1分47秒台のタイムを出しながら敗れたTFスポーツは2番手に。クラス3番手には77号車ポルシェ911 RSR-19(デンプシー・プロトン・レーシング)が入り、3メーカーの3車種が上位に並ぶかたちとなった。藤井誠暢、チャーリー・ファグとチームを組む星野敏が予選を担当した777号車アストンマーティン・バンテージAMR(Dステーション・レーシング)はクラス9番手グリッドから決勝レースに臨む。

 その決勝6時間レースは現地10日・日曜の正午(日本時間19時)にスタートが切られる予定だ。