2022年F1オーストリアGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは、1周目のアクシデントの影響で、24周リタイアという結果に終わった。

 ジョージ・ラッセル(メルセデス)とポジションを争うなかで接触が起き、ペレスはグラベルに飛び出した。すぐにピットストップを行って最後尾でレースに復帰。しかし最終的にピットに戻り、リタイアとなった。このアクシデントによりラッセルには5秒のタイムペナルティが科された。

 チームはペレスのリタイアについて「1周目にメルセデスのジョージ・ラッセルと接触した際に受けたダメージが原因だ」と述べている。

「ターン4に向けてチェコはメルセデスに並び、アウト側からアタックし、コーナー半ばでメルセデスの前に出た。だがチェコがコーナー出口に向けてコーナリングしている際に、ラッセルはレッドブルの右サイドポッドに接触、チェコはグラベルトラップに弾き出された。その後、ダメージを負ったチェコは、ハンドリングに苦しみ、トラックリミット違反を繰り返したことでブラック&ホワイトフラッグを提示されたため、チームは彼をピットに呼び戻し、そこでリタイアさせた」

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=リタイア
5番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード

 これほど早くレースを終えることになり、とても残念だ。今回のレースには大きなチャンスがあると考えていただけにがっかりしている。マシンにたくさんのダメージを負い、どうしようもなくなり、リタイアするしかなかった。

 僕は、1周目、ジョージにできる限りのスペースを与えていた。2台にとって、クラッシュせずに済むだけの十分なスペースがあった。なのに残念ながら接触が起きてしまったんだ。僕の方は、他にどうすればよかったのか分からない。両選手権において痛手になった。今後挽回できることを願っている。

 今シーズン(のフェラーリとの戦い)はずっと同じような展開で、僅差でありながら、僕たちの方が速いこともあれば、フェラーリの方が速いこともある。今日は彼らのマシンの方が明らかに速かった。でもシーズンは長い。今後のグランプリで、より強くなって戻ってきたい。

(アクシデントについて語り)間違いなく僕が前に出ていた。ジョージには自分のマシンをコントロールする責任があるのに、それができずに、接触が起きてしまった。彼に十分にスペースを与えるために、僕はすでにグラベルぎりぎりのところにいた。ジョージのレベルを考えると、あの行動は驚きだ。