7月14日、2022年シーズンWRC世界ラリー選手権第7戦『ラリー・エストニア』が開幕。現地木曜の朝から行われたシェイクダウンで、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップタイムをマークした。

 超高速グラベル(未舗装路)イベントであるラリー・エストニアの競技初日となった14日は弱い雨が落ちるなか、9時過ぎから全長6.23kmのテストステージ“アビサーレ”で競技前のセッションであるシェイクダウンが行われた。

 雨で湿った路面コンディションで実施されたこのセッションでは4回目の走行で2分54秒0を記録したティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が、選手権首位を走るカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)のタイムを0.4秒上回って最速ドライバーになるかと思われた。

 しかし、一度タルトゥのサービスパークに戻ったラッピが5回目の走行で暫定トップタイムをブレイク。2分53秒3というベストタイムをマークした。

「このようなコンディションなので、チャレンジングなラリーになると思う」とインタビューに応えたラッピ。

「何を期待していいのかは分からない。ウエットコンディションでのラリーは初めてだが、多くのサプライズがあると思う。僕たちはどのような状況なのか、どんな感じなのかを見る必要がある」

 今戦が母国凱旋ラリーとなるオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)は、ラッピ、ヌービル、ロバンペラに次ぐ4番手となりトップのフィンランド人から1.7秒遅れた。タナクと同じく2分55秒台を記録したのは5番手のエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)で、タイムは2分55秒6だった。

 その後方ではクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)と勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が2分56秒7の同タイムで並び、ガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)、ピエール-ルイ・ルーベ(フォード・プーマ・ラリー1)、アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)のMスポーツ・フォードWRT勢が最高峰クラスの後方を占めるかたちとなっている。

 なお、7番手でシェイクダウンを終えた勝田は4走目の終盤、フィニッシュまで残り1kmの地点でコースオフを喫した。マシンがロールしフロントにダメージを負ったが、幸いにも勝田とアーロン・ジョンストンは無事であり、今夜のSS1に臨む予定だ。

 勝田は「轍(わだち)が深くなったところでフロントが引っかかり、その後にリヤが大きくスライドしてそのまま右コーナで外側に膨れてロールしてしまいました」と状況を説明した。

「ラインを維持しようとしたものの、次のコーナーはかなりタイトでうまくいきませんでした。幸いなことに、木や固いものがなかったので今晩の(SS1)は大丈夫だと思います」と付け加えている。

 WRC第7戦エストニアのSS1は現地20時半過ぎ(日本時間15日2時半過ぎ)から、サービスパーク近くに設定された全長1.66kmのステージでスーパーSSの形式で行われる。

■2022年WRC世界ラリー選手権第7戦ラリー・エストニア シェイクダウン結果
Pos.No.DriverMachineGap14E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー12'53.3211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.7369K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1.148O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1.7533E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+2.362O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+2.8718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3.4842C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+3.4944G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+3.8107P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+4.01116A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+5.3
※リザルトは編集部集計