WRC世界ラリー選手権の2022年シーズン第7戦『ラリー・エストニア』が7月14日に開幕した。開催地のエストニアでは同日朝からシェイクダウンが行われた後、20時半過ぎからタルトゥのショートステージでスーパーSSが行われ、Mスポーツ・フォードWRTのクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)がトップタイムをマーク。SS1を終えた時点での総合トップに立っている。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は首位から0.9秒差の7番手につけた。

■2022年WRC世界ラリー選手権第7戦ラリー・エストニア暫定結果 SS1後
Pos.No.DriverMachineGap142C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー11'38.7269K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0.1333E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0.2411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.358O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0.564E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+0.7718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+0.9844G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+1.592O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+1.6107P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+1.71129J.フッツネン(WRC2)フォード・フィエスタ・ラリー2+3.11216A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+3.2
※リザルトは編集部集計