7月15日、WRC世界ラリー選手権第7戦『ラリー・エストニア』は、デイ2のSS2〜9が行われ、この日の最終ステージでベストタイムを記録したカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が僚友エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)を逆転。競技2日目を終えた時点で総合トップに立った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合7番手につけている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第7戦ラリー・エストニア暫定結果 SS9後
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー11h16'19.7233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'11.738O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'44.344E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+1'05.9511T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+1'12.9616A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+2'08.1718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+2'10.9844G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+2'29.497P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+3'59.01021A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+4'57.4272O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+12'08.1R42C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1SF4
※リザルトは編集部集計