東欧エストニアで開催されているWRC世界ラリー選手権第7戦『ラリー・エストニア』は7月16日、競技3日目のSS10〜18が行われ、デイ2を総合首位で終えたTOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が引き続きラリーをリード。トップのポジションを維持したまま最終日へと駒を進めた。日本人WRCドライバーの勝田貴元は、前日の総合7番手から5番手に順位を上げている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第7戦ラリー・エストニア暫定結果 SS18後
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー12h07'53.0233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'29.138O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1'11.5411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+2'20.3518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3'43.0616A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+3'53.974E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+4'35.487P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+6'16.4944G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+7'22.91021A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+8'39.7192O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+14'38.93342C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+1h03'26.4
※リザルトは編集部集計