TOYOTA GAZOO Racingは7月19日、モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくりを通じて鍛え上げられたスポーツカーシリーズ『GR』の走行性能や世界観をより多くのユーザーに提供することを目指した『GR SPORT(GRスポーツ)』のラインアップに『ヤリスクロスGRスポーツ』を追加し、8月8日より発売することを発表した。

 ヤリスクロスGRスポーツは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズのGRが目指す“モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり”で培った知見を活用し、ボディ剛性の強化や足回りのチューニング、パワートレーンの改良などにより走行性能の向上が実現されたモデルだ。

 通常のヤリスクロスの持つ上質かつスポーティなスタイリングとSUVならではのユーティリティはそのままに、市街地からワインディングまで、意のままに操れるクルマとして、実用性とスポーティな走行を両立。その開発には、WRC世界ラリー選手権で勝利するために開発された『GRヤリス』の開発ドライバーも携わり、細部の部品にまで改良を加え、操縦安定性や応答性を向上するなど、GRの走りの味がGRスポーツでも継承されている。

 ヤリスクロスGRスポーツの具体的な改良点は、ボディ剛性面ではベース車の高いボディ剛性をより高水準なものにするため、フロア下とロアバックにブレースが追加することで操縦安定性の向上とフラットな乗り心地に寄与する。

 足回りでは車高を10mm下げるとともに、スポーツタイヤ『FALKEN FK510 SUV』を装着することで運動性能が向上。同時に、ブッシュ、コイルスプリング、ショックアブソーバー、電動パワーステアリングをよりスポーティな特性にチューニングが行われ、軽快な走りとクルマとの一体感のある操縦性を実現している。

 また、ハイブリッド車のパワートレインは、GRスポーツ専用制御によりモーターの過渡特性が最適化され、加減速時のアクセルレスポンスが向上。さらにモーター駆動のレスポンスをよりダイレクトにタイヤに伝えるため、ドライブシャフトのねじり剛性も向上し、スポーティな走りに磨きをかけている。

 エクステリアも通常のヤリスクロスとは差別化が図られ、フロントのフォグベゼル、リヤディフューザーを専用デザインにされ、ベース車から踏襲したワイド&ローなスタンスへとさらに進化している。また、ラジエーターグリル、リヤバンパーロアカバーはGRの“G”をモチーフにしたスポーティなメッシュタイプへと変更されたほか、専用18インチアルミホイールおよび、GRスポーツの専用エンブレムも採用された。

 そしてインテリアでは、専用となるエアヌバック+合成皮革シートの表皮を採用したスポーティシートおよび、加飾はグロスを抑えたダークメタリック塗装に統一することで、より運転に集中できるようになっている。

 この新型モデルの投入により日本国内で計6車種が展開されることになるコンバージョンモデルのGRスポーツ。ヤリスクロスGRスポーツのメーカー希望小売価格はハイブリッド車が275万円、ガソリン車が236万7000円(どちらも消費税込み)となり、発売開始は8月8日が予定されている。詳細はTOYOTA GAZOO Racingの公式サイト(https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yariscrossgrs/)まで。