「今日は本当に大変な1日で、あまりいいレースができたとは思えない。グリップがまったくなくて、クルマと格闘しているような感じだった。コース上にマシンをとどめておくことさえ、難しい状況だった」

 これはF1第13戦ハンガリーGPのレースを2周遅れで完走した角田裕毅(アルファタウリ)のレース後のコメントだ。その表情は落胆しているというよりも、グリップ不足に陥った理由がわからず、途方に暮れているという様子だった。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンによれば、「すべてのスティントでグリップとバランスに苦しんでいた」と言う。それはコーナーの入口でアンダーステアに見舞われ、立ち上がりではオーバーステアになるという典型的なグリップ不足の症状で、角田が無線で何度も「ノーグリップ」と訴えていたのは、決して大袈裟な表現ではなく、本当のことだった。

 だが、不思議なのは「テレメトリー上、データには問題が見つからなかった」(エギントン)ことだ。

 そこで考えられるのが、フランスGPからアルファタウリが投入したアップデートになんらかの原因があるのではないかということだ。

 角田にその点を尋ねると、「いいえ、(ピエール・)ガスリーは普通に走っていたので、アップデートには問題ないと思います。とにかく、僕のクルマだけがグリップがなかった」と、アップデートには関係ないという見方を示した。

 ただし、前戦フランスGPではガスリーが土曜日から原因不明の不調に陥った。初日のフリー走行ではトップ10に入っていたガスリーだが、土曜日のフリー走行3回目で13番手となると、予選ではまさかのQ1敗退を喫してしまった。そのとき、ガスリーはこう語っている。

「土曜日になって突然パフォーマンスが出せず、かなり苦しんでしまった。高速コーナーではスライドが多く、グリップが不足していた。なぜ金曜日はうまくいって、それ以降は苦しくなってしまったのか、原因を見直す必要がある」

 こうして迎えたハンガリーGPでガスリーはフランスGPほど苦しまず、ピットレーンからスタートして12位でフィニッシュ。一方、フランスGPでQ3に進出した角田は、今回問題に直面した。つまり、アルファタウリのアップデートはセットアップのウインドウが狭く、ピーキーなマシンなのかもしれない。

「アップグレードがなぜうまくいかなかったのかを理解するために、もう一度、すべてのデータを見直さなければならない。夏休みの間に一旦リセットして、シーズン後半に向けてより強くなっていこうと思っている」(角田)

 この後、チームはレギュレーションで定められた夏季休暇に入る。しかし、アルファタウリ、とりわけ角田を担当するエンジニアたちは休暇に入る前に、早急に原因を究明して、夏休み明け緒戦のベルギーGPに向けた準備を整えなくてはならないだろう。