8月7日、三重県の鈴鹿サーキットで開催される『2022 FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会』に参戦するKawasaki Racing Team Suzuka 8Hは、カワサキZX-10Rにブリヂストンタイヤというコンビネーションで挑む。

 カワサキのファクトリーチームであるカワサキ・レーシング・チーム(KRT)は、2001年を最後に鈴鹿8耐から撤退して、国内でのファクトリー活動を休止していた。2014年には、Team Greenが復活を遂げ、2016年、2017年に2位、2018年は3位表彰台を獲得した。

 そして、前回大会の2019年にはファクトリーチームのKRTを18年ぶりに復活させ、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hとしてジョナサン・レイ、レオン・ハスラム、トプラク・ラズガットリオグルの3人で挑んだ。

 決勝では、レースが残り数分となった時点で、トップを走行していたレイが転倒。赤旗が掲示されてレースが終了し、順位認定から除外されたが、チームから抗議が提出された。それにより、レースディレクションが赤旗中断時の規則を適用すると決定して優勝を果たした。

 カワサキが鈴鹿8耐で優勝したのは、1993年のスコット・ラッセル/アーロン・スライト組の優勝以来、26年ぶり2度目の勝利だった。3年ぶりの開催となるが、今大会は2連覇を目指すこととなる。

 2022年、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hは選考委員会による主催者推薦チームとして出場し、ゼッケンは10番。ライダーはSBKでカワサキのマシンを駆るエースライダーのジョナサン・レイ、アレックス・ロウズ、昨年までホンダのマシンを駆っていたレオン・ハスラムの3人だ。

 レイはホンダのマシンを駆った2012年と同チームから参戦した2019年の2度優勝。ロウズはYAMAHA FACTORY RACING TEAMで2016年から2018年まで3度優勝経験があるがカワサキでは初の参戦となる。ハスラムは2013年と2014年はホンダのマシン、2019年は同チームで優勝している。

 使用するマシンは、2021年に新型となったカワサキNinja ZX-10Rの鈴鹿8耐仕様だ。2019年のマシンと見た目は異なるが、基本的には2019年のマシンをベースに作られているという。もちろん、SBKの技術が取り入れられており、パーツなどは進化している。

 3年ぶり、そして空力が大きく変わったマシンだが、鈴鹿サーキットを走行したのは5月末のプライベートテスト、6月の合同テスト、7月と8月の鈴鹿8耐テストのみ。また、SBKのスケジュールの都合で、3人が揃って走ったのは8月3日の1日だけだったが、テストでもタイムが良く、優勝候補チームであることは間違いない。