8月4日、2022年シーズン後半戦のオープニングイベントとなるWRC世界ラリー選手権第8戦『ラリー・フィンランド』が開幕した。競技初日はラリーの拠点となるユバスキュラの市街地でSS1が行われ、サテライトチームのTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションからシリーズにフル参戦している勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合3番手につけた。

 また、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が僅差の総合4番手で続き、チームメイトのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組が総合6番手に。ロバンペラ組と同様に、母国凱旋ラリーを戦うエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合7番手につけている。

 2021年はイレギュラーな秋開催となったシリーズ屈指の高速グラベル(未舗装路)ラリーが、今年は伝統的な夏のカレンダーに復帰。この4日から7日にかけて、TGR WRTチームのホームタウンであるユバスキュラを中心に開催される。

 ラリー・フィランランドの競技初日は、朝からシェイクダウンが実施された。全長4.48kmのグラベルステージで行われたこのセッションでは、地元のラッピとロバンペラがベストタイムを争う展開に。

 最終的には選手権リーダーのロバンペラが最速タイムを記録。0.5秒差でラッピが2番手に続いた。また、勝田が4番手、エバンスは5番手となりトヨタGRヤリス・ラリー1全車がトップ5に入っている。

 同日19時過ぎから開始されたSS1は、毎年恒例となるハルユのステージが舞台となった。このスーパーSSはユバスキュラ市街地のターマック(舗装路)と公園内のグラベルが混ざった全長3.48kmのショートステージで争われ、3番手タイムで総合3番手につけたユバスキュラ在住の勝田を筆頭に、GRヤリス・ラリー1は全車がデイ1を順調に走り切った。

「ホームラリーでの素晴らしい週末が始まった。ユバスキュラのサービスパークに、数年ぶりに多くのファンが戻ってきて本当にうれしく思う」と語るのは、フィンランド出身のチームボス、ヤリ-マティ・ラトバラだ。

「ラリー・フィンランドはいつも素晴らしい雰囲気だが、チーム、そしてドライバーが多くの応援を実感できる我々にとってはなおさらだ。ハルユはトリッキーなステージなので、とにかくタイムを大きく失わないように走りきることが重要だったが、ハルユでも大勢の観客の皆さんの声援を耳にすることができた」

「朝のシェイクダウンは(全車が)好調だったが、ラリー・フィンランドの他のステージと同じようにタイム差は非常に小さかったので、きっとエキサイティングで挑戦しがいのある週末になるだろう」

■ロバンペラ「シェイクダウンの時からとてもいいフィーリングだった」

 本格的な高速グラベルラリーがスタートする5日(金)のデイ2は、午前中にサービスパークの北側エリアで“ラウカー”と“ランカマー”という、ともに有名な2本のステージを各2回走行する。

 その後、SS1“ハルユ1”のショートバージョンであるSS6“ハルユ2”と日中のサービスを経て、午後はユバスキュラの西側で“アッサマキ”と“サーロイネン-モクシ”という2本の定番ステージを2回ずつ走る。この日行われる9本のSSの合計距離は124.91km、リエゾン(移動区間)を含めた1日の総走行距離は528.01kmとなる。

 ラリー・フィンランドの競技初日、デイ1を終えたTGR WRTドライバーのコメントは以下のとおりだ。

●エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1/デイ1総合6番手)
「ラリー・フィンランドはいつも素晴らしい雰囲気だ。このユバスキュラのオープニングステージは、その素晴らしい雰囲気の多くの部分を占めているが、ドライバーとしては明日から始まるハイスピードな森林ステージこそ重要だ」

「シェイクダウンでは、事前のテストと同じようなフィーリングを得ることができなかったが、オプションをいくつか検討し、序盤から自信を持って走れるようにしたい。このラリーは最初から全力で挑まなければならないので、明日どのような展開になるのか様子を見たいと思う」

●カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1/デイ1総合4番手)
「クルマはシェイクダウンの時からとてもいいフィーリングだった。森には多くのファンがいて、大勢の人が応援してくれていた。また、ハルユでラリーが始まるのも、とてもエキサイティングだし、多くの人が集まって本当にいい雰囲気だったよ。ドライバーにとってはトリッキーなステージだったけど、できるだけ楽しもうとしていた」

「シェイクダウンでは、最初に走った時からクルマのフィーリングは良かった。けれど、さらに改善するためその後いくつか調整を施して走ったんだ。もちろん、自分としてはすべてのラリーで優勝したいですが、チャンピオンシップのことも考えてクレバーに戦わなければならない」

●エサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1/デイ1総合7番手)
「素晴らしい週末になりそうな予感がする。最初のステージのハルユにも多くの観客が集まっていた。このステージは問題なく走り終えることが何よりも重要で、本当のドライビングは明日から始まる」

「僕はこのラリーを本当に楽しみにしていた。テストでクルマのフィーリングはとても良く感じられ、自信を持つことができたが、シェイクダウンでもそれは変わらなかった。何回走ってもいいタイムが出たし、とても自然に走れたのは素晴らしいことだから、明日の朝からのステージがとても楽しみなんだ」