8月6日、静岡県の富士スピードウェイで2022年スーパーGT第4戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 100Lap RACE』が開幕した。午前9時から1時間45分にわたって行われた公式練習では、GT500クラスではリアライズコーポレーション ADVAN Zの佐々木大樹が、GT300クラスはグッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也が最速タイムを記録している。

 5月末の第3戦鈴鹿以来、2カ月強のインターバルを経てシーズン中盤戦に突入したスーパーGT。このラウンドにはGT500クラスは15台が、GT300には鈴鹿でのタイヤメーカーテストでクラッシュのあったHOPPY Schatz GR Supra、BUSOUとの契約解除に至ったDrago CORSE(BUSOU raffinee GT-R)を除く26台がエントリーしている。

 なお、事前に発表されたエントリーリストからの変更点としては、Studie BMW M4の第3ドライバーとして登録されていた近藤翼が5日に発表された公式通知により抹消されており、同車両は荒聖治/アウグスト・ファーフスの2名でこの第4戦に臨むこととなった。

 この日は朝から富士スピードウェイに深い霧が立ち込め、午前8時10分開始予定だったFIA F4の予選セッションは中止に。しかしその後、霧は晴れていき、スーパーGTの公式練習は予定どおりに開始された。

 曇天の下、路面はセミウエット、気温22度/路面温度26度というコンディションで午前9時にセッションがスタート。レースコントロールからはウエット宣言が出され、ウエットタイヤの使用が可能となるなか、各車両はチェック走行を兼ねて周回を重ねていった。

 セッション開始直後、GT500の上位は1分36秒台、GT300上位は1分46秒台で周回していく。レコードライン上はどんどんドライアップしていき、開始から25分が経つ頃からスリックタイヤを装着する車両が出始める。

 30分経過時点では、GT500はENEOS X PRIME GR Supraの山下健太が1分30秒台へと入れ、首位に。GT300ではUPGARAGE NSX GT3の小林崇志が1分40秒001でクラストップタイムとなっていた。

 その後GT500では、シャシーおよびエンジン交換のため、決勝レーススタート後に10秒のペナルティストップを受けることが公式通知により明らかになっているZENT CERUMO GR Supraの石浦宏明が、いち早く1分29秒台に入れていく。

 セッション開始から45分が経過したところで、ピットでウエイティングを続けていた埼玉トヨペットGB GR Supra GTもコースインし、これでGT500の15台、GT300の26台すべてがコース上に姿を現すことに。

 路面コンディション良化に伴い各車のタイムアップは続き、カルソニック IMPUL Zのベルトラン・バゲットを皮切りに上位勢は1分28秒台へ。GT300のトップタイムは1分37秒台へと入っていく。

 午前10時、1時間経過時点での最速タイムは、GT500はリアライズコーポレーション ADVAN Zの平手晃平がマークした1分28秒473。GT300はグッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也が記録した1分37秒056という状況。その後すぐに、GT500ではau TOM’S GR Supraの坪井翔が1分27秒989をマークして首位に立った。

 10時25分からは、GT300クラスの専有走行に入った。上位勢では8番手だったPACIFIC hololive NAC Ferrariが川端伸太朗のアタックでタイムを縮め6番手へポジションアップ。さらにはシェイドレーシング GR86 GTの清水英志郎、apr GR86 GTの織戸学も大幅にポジションを上げてくる。TANAX GAINER GT-Rの大草りきは最終周にタイムを更新し、5番手に飛び込んだ。

 GT300のベストタイムは、グッドスマイル 初音ミク AMG。2番手にはLEON PYRAMID AMGが続いてメルセデスAMG GT3のワン・ツー。3番手は埼玉トヨペットGB GR Supra GT、4番手はmuta Racing GR86 GTと続く上位勢の結果となった。

 10時35分からはGT500の専有走行へと移り、まずはZENT CERUMO GR Supra立川祐路が坪井のタイムに迫る2番手に浮上。さらにARTA NSX-GTの福住仁嶺が3番手へ。

 各車予選モードでのアタックが続くなかめまぐるしくベストタイムが更新され、MOTUL AUTECH Zロニー・クインタレッリがが1分27秒941でトップタイムを更新。さらにKeePer TOM’S GR Supraの宮田莉朋が1分27秒843とクインタレッリを上回っていく。

 チェッカーが振られるなか、1分27秒451と大幅にタイムを縮めたのがリアライズコーポレーション ADVAN Zの佐々木大樹だった。直後にWedsSport ADVAN GR Supraの国本雄資が2番手タイムをマークし、これでヨコハマ勢のワン・ツーでセッションが終了することとなった。

 3番手はKeePer TOM’S GR Supra、以下MOTUL AUTECH Z、au TOM’S GR Supraと続くトップ5となった。

 450km/100周で争われる決勝レースのスターティンググリッドを決するノックダウン式予選は、このあと15時から行われる予定だ。

■2022スーパーGT第4戦富士 GT500公式練習結果(編集部計)
Pos.No.TeamCarDriverTireSWTime124KONDO RACINGリアライズコーポレーション ADVAN Z佐々木大樹/平手晃平YH13kg1'27.451219TGR TEAM WedsSport BANDOHWedsSport ADVAN GR Supra国本雄資/阪口晴南YH21kg1'27.818337TGR TEAM KeePer TOM’SKeePer TOM’S GR SupraS.フェネストラズ/宮田莉朋BS22kg1'27.843423NISMOMOTUL AUTECH Z松田次生/R.クインタレッリMI30kg1'27.941536TGR TEAM au TOM’Sau TOM’S GR Supra坪井翔/G.アレジBS27kg1'27.989638TGR TEAM ZENT CERUMOZENT CERUMO GR Supra立川祐路/石浦宏明BS16kg1'28.1207100TEAM KUNIMITSUSTANLEY NSX-GT山本尚貴/牧野任祐BS40kg1'28.142812TEAM IMPULカルソニック IMPUL Z平峰一貴/B.バゲットBS19kg1'28.18198ARTAARTA NSX-GT野尻智紀/福住仁嶺BS30kg1'28.3211016TEAM Red Bull MUGENRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GT笹原右京/大湯都史樹DL1kg1'28.365113NDDP RACINGCRAFTSPORTS MOTUL Z千代勝正/高星明誠MI52kg1'28.4141214TGR TEAM ENEOS ROOKIEENEOS X PRIME GR Supra大嶋和也/山下健太BS52kg1'28.5961364Modulo Nakajima RacingModulo NSX-GT伊沢拓也/大津弘樹DL0kg1'28.6861417Astemo REAL RACINGAstemo NSX-GT塚越広大/松下信治BS36kg1'28.7871539TGR TEAM SARDDENSO KOBELCO SARD GR Supra関口雄飛/中山雄一BS22kg1'29.089
開始:9時00分00/終了:10:45分00

■2022スーパーGT第4戦富士 GT300公式練習結果(編集部計)
Pos.No.TeamCarDriverTireSWTime14GOODSMILE RACING & TeamUKYOグッドスマイル 初音ミク AMG谷口信輝/片岡龍也YH12kg1'37.056265K2 R&D LEON RACINGLEON PYRAMID AMG蒲生尚弥/篠原拓朗BS33kg1'37.101352埼玉トヨペット Green Brave埼玉トヨペットGB GR Supra GT吉田広樹/川合孝汰BS27kg1'37.30342muta Racing INGINGmuta Racing GR86 GT加藤寛規/堤優威BS5kg1'37.328510GAINERTANAX GAINER GT-R富田竜一郎/大草りき/塩津佑介DL45kg1'37.585661R&D SPORTSUBARU BRZ R&D SPORT井口卓人/山内英輝DL29kg1'37.63079PACIFIC CARGUY RacingPACIFIC hololive NAC Ferrari木村武史/ケイ・コッツォリーノ/川端伸太朗YH24kg1'37.659888JLOCWeibo Primez ランボルギーニ GT3小暮卓史/元嶋佑弥YH27kg1'37.701920SHADE RACINGシェイドレーシング GR86 GT平中克幸/清水英志郎DL0kg1'37.7841096K-tunes RacingK-tunes RC F GT3新田守男/高木真一DL20kg1'37.8151111GAINERGAINER TANAX GT-R安田裕信/石川京侍DL15kg1'37.8921230aprapr GR86 GT永井宏明/織戸学/平良響YH9kg1'37.9421350Arnage RacingArnage MC86加納政樹/阪口良平/末廣武士YH0kg1'37.9551456KONDO RACINGリアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラYH99kg1'38.0511587JLOCBamboo Airways ランボルギーニ GT3松浦孝亮/坂口夏月YH9kg1'38.19916360TOMEI SPORTSRUNUP RIVAUX GT-R青木孝行/田中篤/柴田優作YH2kg1'38.33417244Max RacingHACHI-ICHI GR Supra GT佐藤公哉/三宅淳詞YH0kg1'38.3891818TEAM UPGARAGEUPGARAGE NSX GT3小林崇志/太田格之進YH45kg1'38.4591955ARTAARTA NSX GT3武藤英紀/木村偉織BS3kg1'38.521207BMW Team Studie × CSLStudie BMW M4荒聖治/アウグスト・ファーフスMI63kg1'38.546216Team LeMansTeam LeMans Audi R8 LMS片山義章/ロベルト・メリYH18kg1'38.5522260LM corsaSyntium LMcorsa GR Supra GT吉本大樹/河野駿佑DL6kg1'38.5522331aprapr GR SPORT PRIUS GT嵯峨宏紀/中山友貴/小高一斗BS0kg1'38.908245TEAM MACHマッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号冨林勇佑/平木玲次YH45kg1'39.0612548NILZZ Racing植毛ケーズフロンティア GT-R井田太陽/田中優暉/甲野将哉YH0kg1'39.6182622R’Qs MOTOR SPORTSアールキューズ AMG GT3和田久/城内政樹YH0kg1'41.816
※天候:曇り 路面:ウエット〜ドライ
開始:9時00分00/終了:10:35分00
No.18 太田格之進 訓戒(SpR.19-2.3「書類提出期日に間に合わず」)
No.6 ロベルト・メリ 罰金30,000円(SpR.26-11「ピットレーン通過速度」)
No.22 城内政樹 罰金30,000円(L項4-4.d「ホワイトラインカット(ピット入り口)」)