8月6日、三重県の鈴鹿サーキットで『2022 FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会』のトップ10クオリファイが行われ、Team HRCの長島哲太が2分04秒934でトップタイムを記録し、ポールポジションを獲得した。

■2022鈴鹿8時間耐久ロードレース トップ10クオリファイ順位結果(編集部集計)
天候:曇り 路面:ドライ
Pos.No.ClassTeamRider(BULE/YELLOW/RED)MotorcycleTyreTime133EWCTeam HRC長島哲太/高橋巧/イケル・レクオーナホンダCBR1000RR-RSPBS2’04.934210EWCKawasaki Racing Team Suzuka 8Hレオン・ハスラム/アレックス・ロウズ/ジョナサン・レイカワサキZX-10RBS2’05.14937EWCYART-YAMAHA OFFICIAL TEAM EWCマービン・フリッツ/ニッコロ・カネパ/カレル・ハニカヤマハYZF-R1BS2’05.76945EWCF.C.C. TSR Honda Franceジョシュ・フック/ジノ・レイ/マイク・ディ・メリオホンダCBR1000RR-RBS2’06.204573EWCSDG Honda Racing名越哲平/榎戸育寛/浦本修充ホンダCBR1000RR-RBS2’06.409672EWCHonda Dream RT SAKURAI HONDA濱原颯道/日浦大治朗/國井勇輝ホンダCBR1000RR-RBS2’06.564717EWCAstemo Honda Dream SI Racing作本輝介/渡辺一馬/羽田太河ホンダCBR1000RR-RBS2’06.607825EWCHonda Sofukai Suzuka Racing亀井雄大/田所隼/杉山優輝ホンダCBR1000RR-RBS2’06.668937EWCBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMマーカス・ライターベルガー/イルヤ・ミハルチク/ジェレミー・ガルノニBMW M1000RRDL2’06.897102EWCEVA RT 01 Webike TRICKSTAR Kawasaki大久保光/佐野優人/エルワン・ニゴンカワサキZX-10RBS2’08.033