8月7日、フィンランドのユバスキュラを中心に開催されたWRC世界ラリー選手権第8戦『ラリー・フィンランド』の競技最終日、デイ4のSS19〜22が行われ、カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)との一騎打ちとなった首位争いを制したオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合優勝を飾った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合6位でフィニッシュしている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第8戦ラリー・フィンランド結果 SS22後
Pos.No.DriverMachineGap18O.タナクヒョンデi20 Nラリー12h24'04.6269K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0'06.834E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+1'20.7433E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1'37.6511T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+2'18.0618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3'09.0744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+3'57.0821T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+9'31.31068J.フッツネンフォード・プーマ・ラリー1+10'31.61916A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+22'57.93342C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+1h10'55.9R7P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1TC22
※リザルトは編集部集計