8月7日、三重県の鈴鹿サーキットで開催された『2022 FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会』の決勝レースで2位表彰台を獲得したKawasaki Racing Team Suzuka 8Hのジョナサン・レイ、アレックス・ロウズ、レオン・ハスラムが決勝レースを振り返った。

■レオン・ハスラム
「まずレースを最後まで走ることができたことが嬉しいし、さらに表彰台に上がることができて本当に嬉しい。今回は勝つことができなかったけど、本当に3人の素晴らしい力だと思っているし、合わせてチームも本当に努力できたと思うから、本当に満足しているよ。来年は戻ってきて優勝したいと思っているから、引き続き頑張るよ」

■アレックス・ロウズ
「鈴鹿8耐は決して簡単ではない。僕は何度来てもそう思うけど、今年に関してはスーパーバイク世界選手権(SBK)から初めてカワサキのスタッフとメカニックがたくさん参加しているんだ。彼らにとっても鈴鹿サーキットという場所は初めてだから、そのなかで本当に努力して頑張ったと思うし、彼らは本当に僕たちの誇りだよ。もちろん彼らだけでなく、僕のチームメイトふたりは素晴らしい走りを見せてくれたから満足している」

「優勝したホンダ(Team HRC)の方が今回は強くて、僕たちよりも素晴らしいパフォーマンスを発揮することができたから優勝することができたんだと思う。だけど僕たちはベストを尽くした。それと本当にエンジョイすることもできたと思う」

■ジョナサン・レイ
「まずはTeam HRCのみんなにおめでとうと伝えたい。本当に素晴らしい走りだったと思う。すごく強いチームだ。そして今回も鈴鹿の表彰台に上がることができて本当に嬉しいよ。初めてではないけど、非常に難しいことだと思うから、このように表彰台に上がることができて本当に嬉しいし、僕たちのチームに関してはSBKの舞台から切り替えてとても忙しい日々だった。耐久レースに参加することは簡単なことではないから、みんながその忙しい状況にも関わらずに乗り越え、このように集まってベストを尽くしたと思うから誇りに思っているよ。僕らのチームは本当に素晴らしいと思っている」

「僕自身はこの8時間を振り返っていくつかミスも起こしてしまったけど、結果的にベストを尽くしたし、僕だけではなくチームもベストを尽くしたと思うから、とても満足しているよ。明日は帰ってしばらく夏休みをとって、また再び通常のSBKに戻って頑張り続けたい」