ウェザーテック・スポーツカー選手権を運営するIMSAは8月5日、2023年シーズンのスケジュールを発表。この中で年間11のイベントの開催と、ミド・オハイオならびにデトロイト戦がカレンダーから外れることが確認された。

 ロード・アメリカで5日金曜に行われた“ステート・オブ・ザ・スポーツ”の演説でアナウンスされたこのスケジュールは、DPiに代わって次世代プロトタイプ・フォーミュラであるLMDhカーで争われる、新たな最高峰カテゴリーのGTPクラスを筆頭に、計5クラスすべてが参加する6つのイベントが含まれている。

 デイトナ、セブリング、ワトキンス・グレン、ロード・アトランタでの“ミシュラン・エンデュランスカップ(IMEC)”4戦に加え、来年のロード・アメリカ戦と、先日開催が決定したインディナポリスの計6ラウンドでは、GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTDの全クラスが出場する予定だ。

 一方、ウェザーテック・スポーツカー選手権のカレンダーから外れることになったデトロイトでは、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジGSクラスが、NTTインディカ―・シリーズとともにダウンタウンで開催されることになる。

 この決定は、ル・マン24時間レースに向けた公式セッションである“ル・マン・テストデー”が、デトロイト戦の開催週である6月2〜3日に行われることが主な要因のひとつであると考えられている。

 また、いくつかのイベントで日程の変更がある。以前のミド・オハイオのスロットをラグナ・セカが引き継いでいる他、カナディアンタイヤ・モータースポーツ・パーク(モスポート)とライムロック・パークの両ラウンドはレース開催日が例年の1週遅れとなった。さらに、シーズン最終戦のプチ・ル・マン(ロード・アトランタ10時間)についても、今年より2週間遅い時期の開催となる予定だ。

 なお、IMSAは7月1日にシカゴのストリートコースで開催されることがアナウンスされているNASCARとの併催イベントについて、この段階で発表しておらず5日付けで公開されたレーススケジュール一覧にも加えられていない。

■2023年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 シーズンスケジュール
ラウンド開催日レース対象クラス**1月20〜22日公式テスト(ロア・ビフォア・ロレックス24)GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD11月26〜29日デイトナ24時間(ロレックス24・アット・デイトナ)*GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD23月15〜18日セブリング12時間*GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD34月14〜15日ロングビーチGTP、GTDプロ、GTD45月12〜14日ラグナ・セカGTP、LMP2 GTDプロ、GTD56月23〜25日ワトキンス・グレン6時間*GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD67月7〜9日モスポート・パークGTP、LMP3、GTDプロ、GTD77月21〜22日ライムロック・パークGTDプロ、GTD88月4〜6日ロード・アメリカGTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD98月25〜27日バージニアGTDプロ、GTD109月15〜17日インディナポリスGTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD1110月11〜14日ロード・アトランタ10時間(プチ・ル・マン)*GTP、LMP2、LMP3、GTDプロ、GTD
*IMSAミシュラン・エンデュランスカップ対象レース
※8月5日発表版