8月27日、2022年シーズンのスーパーGT第5戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 450km RACE』の公式予選が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT300クラスは10号車TANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき/塩津佑介)が、初ポールポジション獲得。5月に行われた第3戦では予選Q2最速で最速タイムをマークするも、車検後にタイム抹消となった雪辱を果たす結果となった。

 全8戦のうち3戦が450kmの長距離戦として開催される2022年シーズンのスーパーGT。富士スピードウェイで開催された第2戦と第4戦を経て、今季最後の長距離戦となる第5戦鈴鹿を迎えた。GT300クラスは第4戦富士を欠場した25号車HOPPY Schatz GR Supraが復帰を果たし、全27台が出走した。

 午前中に行われた公式練習では、サクセスウエイト(SW)が比較的軽めの4号車グッドスマイル 初音ミク AMG(SW:12kg)の片岡龍也が1分58秒022で最速タイムをマーク。一方シリーズランキングトップであり、搭載上限となる100kgのSWを積む56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが4番手と上位に食い込んだ。

■Q1 A組:ARTA木村が最速。復帰戦のHOPPYは0.009秒差でQ2を逃す

 午前に行われた公式練習の直後、計時システム点検のため、以降のセッションがディレイに。これにより公式予選は当初の予定から20分遅れの15時20分より、14台が出走する10分間のQ1 A組からスタートを迎えた。セッション開始時点で気温31度、路面温度39度、湿度65%というコンディションに。厚い雲がサーキット全体を覆うなか、各車は2周〜3周のウォームアップを重ねた。

 真っ先にアタックに入ったのは25号車HOPPY Schatz GR Supra(SW:0kg)の松井孝允。計時上の3周目に1分58秒944を記録し、これが最初のターゲットタイムとなった。その直後には56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rのオリベイラ、9号車PACIFIC hololive NAC Ferrari(SW:24kg)のケイ・コッツォリーノがトップタイムを更新する。

 しかし、55号車ARTA NSX GT3(SW:3kg)のルーキー木村偉織が1分57秒830をマークして首位に浮上する。その直後には6号車Team LeMans Audi R8 LMS(SW:18kg)のロベルト・メリが一時トップに浮上するも、55号車木村は翌周もアタックを続け、計時上の5周目に1分57秒707をマークし、トップで予選Q1 A組を突破した。

 2番手に6号車Team LeMans Audi R8 LMS、3番手に9号車PACIFIC hololive NAC Ferrari、4番手に56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R、5番手に2号車muta Racing GR86 GT(SW:5kg)、6番手に18号車UPGARAGE NSX GT3(SW:78kg)、7番手に60号車Syntium LMcorsa GR Supra GT(SW:30kg)が続き、8番手の5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号(SW:45kg)までがQ2進出を果たした。

 クラッシュから復帰を果たした25号車はQ2進出まで0.009秒届かず。そして前戦の雪辱に燃える65号車LEON PYRAMID AMG(SW:36kg)はB組10番手となり、Q1敗退となった。

■Q1 B組:HACHI-ICHI佐藤が最速。BRZはQ2進出ならず

 15時38分から行われたQ1 B組では、244号車HACHI-ICHI GR Supra GT(SW:0kg)が真っ先にアタック。佐藤公哉が計時上の3周目に1分57秒851を叩き出すと、翌周には早々にピットイン。その後、87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3(SW:18kg)の坂口夏月、96号車K-tunes RC F GT3(SW:38kg)の高木真一を筆頭に続々と各車がアタックに入ったが、いずれも佐藤のタイムには届かず。

 2021年の第3戦鈴鹿のウイナーであるMax Racing Racingの244号車HACHI-ICHI GR Supra GTがQ1 B組をトップで終えた。B組の2番手に96号車K-tunes RC F GT3、3番手に地元戦を迎えた50号車Arnage MC86(SW:12kg)、4番手に87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3、5番手に88号車Weibo Primez ランボルギーニ GT3(SW:33kg)、6番手に20号車シェイドレーシング GR86 GT(SW:0kg)、7番手に10号車TANAX GAINER GT-R(SW:45kg)が続き、8番手の4号車グッドスマイル 初音ミク AMG(SW:12kg)までがQ2進出。

 ドライバーズランキング2位につける61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(SW:89kg)はB組11番手に、ランキング5位につける11号車GAINER TANAX GT-R(SW:60kg)はB組9番手で予選を終えることとなった。

■Q2:第3戦の雪辱果たす。大草りきが初PP獲得

 Q1を突破した16台がポールポジションを決するGT300クラスの公式予選Q2は、GT500クラスのQ1セッションを挟み、16時13分に開始された。上空の雲がわずかに薄まりを見せるなか、真っ先にアタックに入ったのはQ1 B組に続いて244号車HACHI-ICHI GR Supra GTの三宅淳詞。計時上の3周目、セッション残り3分のところで、この日の最速タイムとなる1分56秒995をマークして暫定首位となる。

 そのタイムを上回るべく、各車続々とアタック。88号車weibo Primez ランボルギーニ GT3小暮卓史、56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R藤波清斗が挑むも、三宅の0.4秒以内に近づけない。このまま244号車が大差を守ったままポール獲得かと思われた矢先、残り1分30秒のところで、10号車TANAX GAINER GT-Rの大草りきが三宅を0.054秒上回る1分56秒941をマークして首位を奪ってチェッカー。

 第3戦鈴鹿Q2で最速タイムを記録も、車検後に予選タイム抹消となった10号車TANAX GAINER GT-Rが雪辱を果たすアタックでポールポジションを獲得した。2番手に244号車HACHI-ICHI GR Supra GT、3番手に88号車weibo Primez ランボルギーニ GT3が続いた。そして4番手には100kgのSWを積む56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rが続きセカンドロウを獲得している。

 2022年スーパーGT第5戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 450km RACE』の決勝レースは、明日8月28日14時30分からレース距離450km、周回数は77周で争われる。夏らしい暑さが予想されるなか、GT300クラスの27台による戦いも熱い一戦となるに違いない。