8月27日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたスーパーGT第5戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 450km RACE』の予選日。第4戦富士を前に鈴鹿で行われたメーカーテストでクラッシュし、富士を欠場したHOPPY Schatz GR Supraが、車両修復を終えた“緒戦”に臨んだ。

 今季、チームオリジナルの車両を製作しGT300クラスに臨んでいるHOPPY Schatz GR Supraは、富士スピードウェイで行われた公式テストから少しずつ歩みを続け、第3戦鈴鹿を走った後、7月21〜22日に行われたメーカーテストに参加したが、テスト初日に130Rでクラッシュ。車両前部に大きなダメージを負ったほか、エンジンもダメージを受けてしまった。

 第4戦を欠場し車両修復を進めてきたHOPPY Schatz GR Supraだが、ほぼ完成し積み込まれたのは8月24日の水曜日。「徹夜はしていないですが、一度作ったものをもう一度作るのが……」と気持ちの面での厳しさを語ったのは、車両製作に携わる木野竜之介エンジニア。ちなみにフロントは型を取っておらず、いろいろなものを流用していること、さらに「もっと良いものを作ろう」ということから、第3戦までとはかなり形状が変わっているという。

「作ったモノの量と期間で言うと今回の方が大変でした」と木野エンジニアが語るとおり、タイトなスケジュールのなかで8月24日に多くの部分を完成させ、鈴鹿に運び込まれた後、細部を仕上げ8月27日の公式練習に臨んだ。車両の前側の大部分を作り直したため「シェイクダウン(土屋武士代表)」とも言える状態だった。

 そんなHOPPY Schatz GR Supraは松井孝允がステアリングを握り公式練習を走るが、開始から1時間過ぎというタイミングで松井がクルマに違和感が出たことでピットイン。リヤのハブのトラブルによるもので、修復のためその後の公式練習を走れず、野中誠太は1周も走れないまま公式予選を迎えることに。予選では松井がQ1を走り1分58秒944をマークするも、突破はならなかった。

 ただ、今回HOPPY Schatz GR Supraにも関与している土屋代表は「公式練習でトラブルが出て逆に良かった。まだ全然バランスがとれていないなかで、作り直して本当にシェイクダウンの状況で臨んでいた。序盤戦にあったトラブルを見直すこともできたし、作り直してきて、本当のシェイクダウンが今日だった感じ。予選で初めて全開で走れました」とQ1突破はできなかったものの、こうして初日を終えられたことに満足げな表情を浮かべた。

「当然僕はHACHI-ICHI GR Supra GTをやっているので、“勝てるデータ”も分かりますが、まだまだ足りないにしろ、シェイクダウンの状態で1秒以内につけられましたし、『スタートラインに並びました』という状態まで来られました」

「明日の決勝で全開で走ってしっかりチェッカーを受けて、ようやくラインに並べる感じですね」というHOPPY Schatz GR Supra。まずは決勝で走り切ることが、明日のミッションだ。