マルチマチック・モータースポーツは9月2日、新規にオープンしたARP(エアロ・リサーチ・パートナーズ)所有の空力試験施設『ケイツビー・トンネル』における初期空力評価試験を完了した、と発表した。このテストには、2021年までIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に投入されていたDPi車両、マツダRT24-Pが使用されている。

■全長2.7kmのコントロールされた空間「最初は奇妙に感じた」
 マルチマチックはDPiにおけるマツダのシャシーパートナーを務めていただけでなく、そのオペレーションにも関与していた。2021年限りでマツダのプログラムは終焉を迎えたが、来るLMDh時代に向けてマルチマチックは、すでにテストを開始しているポルシェ963のベースとなるLMP2シャシーを提供する。

 イギリス・ノーザンプトンシャーの田舎町、ダヴェントリーから数マイルのところにあるケイツビー・トンネルは、ブラックリーのマルチマチック・モータースポーツ・イギリス本社からもほど近い位置にある。

 ケイツビーの施設はもともとは鉄道トンネルとして誕生し、1898年7月に最初の蒸気機関車が通過したものだ。全長2.7km、幅8.2m、高さ7.8mの巨大な断面を持つこのトンネルには、約3000万個のレンガが積み上げられ、蒸気機関車のすすの痕跡が残っている。

 このトンネルは1966年に閉鎖されていたが、このほど数百万ポンドをかけて最先端の空気力学的車両試験施設に生まれ変わった。この種の施設はイギリスでは初めてであり、世界でも2番目のものになるという。

 マルチマチック・モータースポーツのボスであるラリー・ホルトは、トンネルが完成する前にその利点を理解し、将来のレースカー、ロードカー、そしてマルチマチック・スペシャル・ビークル・オペレーションズによるトラックデー・カーの開発のために、この施設の使用時間を大幅に確保していた。

 今回のマツダRT-24Pを使ったテストは、40%スケールおよびフルサイズの風洞試験や、CFDの数値、そしてIMSA・DPiでの5年間の戦いから得られた包括的なデータと、比較するためのものだったという。 このテストでの結果は、既存の性能データと高い相関性を示したとのことだ。

 風などの外的要因に影響されない直線トンネル内での実走行試験は『ストレート・ライン・テスト』とも呼ばれ、ドラッグなどの空力性能を正確に測定するなどの目的で、古くからインディカーやNASCARなどの世界で行われてきた。

 ホルトはケイツビー・トンネルについて、従来の風洞試験の「常識を覆すもの」だと説明している。

「これは“リアル”であるため、従来の風洞よりも優れたものだ」とホルトは述べている。

「(従来の)ムービンググラウンド・プレーン風洞では、クルマは静止しており、巨大なファンとフローコンディショニングセットで風を送り込み、ベルトを配置してクルマの下を協調した速度で移動させるものだ。 非常に洗練された構成ではあるものの、クルマは止まっているため、完全にリアルとは言えない」

「ケイツビーが可能にしたのは、現実の世界を実際に動いているクルマの空力性能の測定だ。現実の世界を動くクルマは、突風や雨などの環境条件の変化、空気密度の影響など、現実の世界に伴うすべての変動要因にさらされる」

「ケイツビーは、天候に左右されない実世界を提供してくれる。動くクルマ、本物の路面、コントロールされた環境、そして季節を問わず24時間走り続けることができるんだ。2.7kmの完璧にコントロールされた環境。これこそが、漸進的な進歩を追い求める際に必要な一貫性なのだ」

 マルチマチックのドライバーであるアンディ・プリオールが、このテストでマツダRT24-Pのステアリングを握った。

「僕のように長い間レーシングドライバーをしていると、新しいことを経験することはあまりなくなってくる」とプリオール。

「これまで、純粋な空力テストといえば、エンジニアが風洞で静止したクルマのモデルを研究するものであり、ドライバーは関与しないというのが常識だった。レースカーに乗り込み、2.7kmのトンネルを全開で走るというのは、最初は少し奇妙に感じたが、チームは『(トンネルの)終わりはちゃんと分かるから』と断言してくれたんだ」

「ケイツビー・トンネルは素晴らしい施設であり、マルチマチック社がこの施設をいち早く採用し、主要なクライアントとなったことは、僕にとってはまったく驚くことではないね」