9月3日、栃木県のモビリティリゾートもてぎでENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第5戦『もてぎスーパー耐久 5Hours Race』の公式予選が行われ、ST-Xクラスの16号車ポルシェセンター岡崎 911 GT3R(永井宏明/上村優太/伊藤大輔)が総合ポールポジションを獲得した。

 シーズン終盤戦を迎えている2022年のスーパー耐久。迎えた第5戦はモビリティリゾートもてぎでの一戦となり、台数調整により不参加クラスとなったST-3を除いた全クラスが参加する5時間レースが行われる。

 レースウイークを前にした9月2日には専有走行に加え、トヨタ自動車のオウンドメディア『トヨタイムズ』の企画としてスーパー耐久のORC ROOKIE RacingとWEC世界耐久選手権のTOYOTA GAZOO Racing WECチームによる対決も繰り広げられ盛り上がりを見せている。金曜日は雨粒がパラパラと降る場面もあったが、迎えた土曜日はくもり空ながら終始ドライコンディションとなり、スケジュールどおりの13時から公式予選が行われた。

 FIA-GT3マシン7台が参戦するST-XクラスのAドライバー予選では、スーパーGT GT300クラスでも活躍する永井が16号車ポルシェを駆りクラストップとなる1分53秒878を記録し、2番手につけた888号車Grid Motorsport AMG GT3のマーティン・ベリーを0.605秒引き離す速さをみせる。3番手には777号車D'station Vantage GT3をドライブする星野敏が1分54秒580で続いた。

 ST-XのBドライバー予選はスーパーGTでも活躍するトップドライバーたちのタイムアタック合戦となり、1周ごとにトップタイムが入れ替わるような状況を最終的に制したのは、前戦SUGOでトップ争いを繰り広げながらもタイヤ脱落のトラブルに泣いた23号車TKRI松永建設AMG GT3の元嶋佑弥となった。

 元嶋はこの日唯一の51秒台となる1分51秒638というタイムを記録してST-XのBドライバー予選をトップで終えるも、上村優太にステアリングを引き継いだ16号車ポルシェが1分52秒205で2番手につけ、AドライバーとBドライバーによる合算タイムにより総合ポールポジションを獲得する結果となった。

 GT4マシンが争うST-Zクラスでは、Aドライバー予選で山崎学が2分02秒338というクラストップタイムを記録し、Bドライバー予選では坪井翔が2分01秒021でクラス3番手につけた310号車GRGarage水戸インター GR SUPRA GT4が合算タイムでクラスポールに輝いている。2番手には885号車シェイドレーシング GR SUPRA GT4、3番手には111号車Access HIROSHIMA+ GR SUPRA GT4が続いている。

 ホンダ・シビック・タイプR・TCR同士の戦いとなるST-TCRクラスは、Aドライバー予選で遠藤光博が2分04秒297を記録した97号車Racer HFDP CIVICが、続くBドライバー予選でも中野信治が2分02秒611と、両ドライバーともにライバルの75号車Team Noah HONDA CIVIC TCRを上回った97号車がクラスポールを獲得した。

 6台が参戦するST-Qクラスで首位に立ったのは、これで5戦連続のクラストップとなる3号車ENDLESS AMG GT4となり、Aドライバー予選で小河諒が2分00秒077を記録し、続くBドライバー予選でも川端伸太朗が2分00秒696をマークしてST-Zを上回る速さを披露した。

 ST-Qの2番手にはMax Racingの244号車ニッサンZ Racing Conceptが続き、28号車ORC ROOKIE GR86 CNF Conceptが3番手、その28号車のライバルでもある61号車Team SDA Engineering BRZ CNF Conceptが0.848秒差の4番手に続いている。

 ST-1クラスは、Aドライバー予選で井田太陽が駆る2号車シンティアム アップル KTMが1分58秒072で先行するも、その2号車はBドライバー予選でタイムを計測することができず、浜健二と織戸学が予選アタックを行った47号車D’station Vantage GT8Rがクラスポールに輝いた。

 ミツビシ・ランサーエボリューション、スバルWRX STI、トヨタGRヤリス、ホンダ・シビック・タイプRの4車種7台で争われるST-2では、Aドライバー予選で6号車新菱オート☆夢住まい館☆DXL☆EVO10を駆る冨桝朋広が2分06秒415を記録してクラストップで終えると、続くBドライバー予選でも6号車の菊地靖が2分05秒998をマークして首位で終え、合算タイムでもポールを奪ってみせた。

 トヨタ86/GR86で争われるST-4で速さをみせたのは884号車シェイドレーシングGR86となり、石川京侍がステアリングを握ったAドライバー予選、国本雄資がドライブしたBドライバー予選ともにクラストップで終え、ニューマシンとなるGR86投入以来初のクラスポールを獲得。

 2番手には急きょ河野駿佑に代わり鵜飼龍太がチームに加入することになった86号車TOM’S SPIRIT GR86、3番手には18号車Weds Sport GR86が続き、今戦からGR86にマシンをスイッチした全薬工業withTEAM G/MOTION’ GR86はクラス4番手で予選を終えている。

 最多14台が参戦するST-5でクラスポールを奪ったのは、Aドライバー予選で太田郁弥、Bドライバー予選で伊藤裕士がアタックを行い、合算タイムで4分39秒816を記録した4号車THE BRIDE FITとなった。クラス2番手には4分41秒151という合算タイムで104号車HM-Rヒロマツデミオ2、3番手には67号車YAMATO FITが4分41秒465で続き、ハッチバックタイプのマシンが上位を占める結果になっている。