2022年F1オランダGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はQ3に進出し、9番手を獲得した。

 Q3では最初のランで1分12秒556をマーク、最後のランでは自己ベストをつないできていたが、前方を走っていたセルジオ・ペレス(レッドブル)がスピンをし、イエローフラッグが出たことで、アタックを断念することになった。

 ビークルパフォーマンス担当チーフエンジニアのクラウディオ・バレストリは、一日を次のように振り返った。

「金曜セッションを終えた段階で、自分たちのパフォーマンスには満足していなかった。パッケージを改善する余地があると分かっていたからだ。そのため、昨夜、セットアップを変更することを決めた。目的は、タイヤマネジメントの面を改善し、全体的なパフォーマンスを上げることだった。我々は特にコーナーで苦労していた。高速コーナーでスライドし、セクター1でライバルたちより遅かった」

「FP3で主な問題点を完全に解決できておらず、パフォーマンスに満足できなかったため、予選前にセットアップをさらに変更した。それが功を奏した。裕毅が9番グリッド、ピエール(・ガスリー)が11番グリッドからスタートするという結果には満足できる」

「レースが楽しみだ。タイヤのマネジメントが非常に重要になるだろう。デグラデーションをしっかりコントロールする必要がある。それをうまくやれれば、ポイント争いに加わることができるだろう」

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
FP3 16番手(1分13秒256:ソフトタイヤ/22周)
予選 9番手(Q1=3番手1分11秒427:ソフトタイヤ/Q2=10番手1分11秒428:ソフトタイヤ/:Q3=9番手1分12秒556:ソフトタイヤ)

 今日の予選パフォーマンスには本当に満足しています。正直言って、FP3でのペースからして、Q3に進出できたことには少し驚きました。プラクティスの後、マシンに良い変更を加え、僕自身、しっかりまとめあげてマシンから最大のパフォーマンスを引き出すことができました。チームのハードワークが今日の午後、実を結び、Q3に進出できたことは本当にポジティブです。今日の改善をとてもうれしく思っています。

 これからレースに集中しなければなりません。重要なデータをたくさん手にしているので、それをチェックし、明日トップ10圏内でフィニッシュできるように、今夜取り組む必要があります。