ベースモデル比で約100kgの軽量化と40馬力の出力向上を実現し、ニュルブルクリンク北コースにてBMWの量産車最速となる7分20秒207のラップタイムを実現した“究極のBMW M”モデル『BMW M4 CSL(エムフォー・シーエスエル)』の日本導入が決定。伝説の名称を冠した同車は全世界1000台限定で生産され、日本国内向けは25台の割り当てに。9月2日よりBMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)で注文受付が開始され、9月26日午後11:59まで申し込み受付を実施している。限定台数より注文数が上回った場合には厳正な抽選により、本年10月初旬までに当選者を決定する。

 今回発表された『BMW M4 CSL』は、新世代キドニーグリルが話題を呼んだ『BMW M4コンペティション(RWDモデル)』をベースに軽量化を図り、ボンネット、トランクリッドにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用。さらにそのキドニーグリルやエア・インレット、ドアミラー・キャップ、ディフューザー等にもCFRPを採用するなど、Competition、Sport、Lightweightの頭文字を採った"CSL"の名に相応しい仕様となっている。

 そのエクステリアでは、イエローのデイライトを備えたレーザーライトや、レーザー・テクノロジーを採用したリヤコンビネーションランプを装備し、トランクリッド等のモデルバッチは、ブラックをベースにレッドのアクセントを利かせることで特別感を演出している。

 一方のインテリアも、センターマーク付きのMアルカンターラ・ステアリング、Mカーボンファイバー・トリム、専用CFRP製センターコンソールなどを採用し、極限まで軽量化を図ったMカーボン・フルバケットシートを装備。

 レースシーンでの使用を考慮して6点式シートベルトに対応し、さらにヘルメット使用時でもヘッドレストが邪魔にならないよう工夫された上、軽量化のためリやシートを取り外し、替わりにヘルメット等の収納スペースとするなど、徹底したモータースポーツ・ユースへの対応が施される。

■エンジンとシャシーを強化

 その心臓部となる2992ccの直列6気筒直噴ガソリンターボは、ベースモデルに対し1.7barから2.1barにブーストアップすることで、出力を40PS向上して550PS/6250rpmとし、最大トルクは650Nm/2750rpm-5950rpmを発生。さらに軽量化の実現により、0-100km/h加速は3.7秒(欧州参考値)を実現している。

 そんな高出力のアウトプットを支えるシャシーも、ベースの『BMW M4コンペティション』に対し路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスを向上させるためボールジョイント箇所を4カ所増加させ、全14カ所に。

 またCSL専用サスペンションや専用スタビライザー、レッド・ハイグロスのMカーボン・セラミック・ブレーキを標準装備することで、サーキットにおける究極のドライビング性能を実現している。

 この『BMW M4 CSL』は全車右ハンドル仕様のMステップトロニック8速ATの組み合わせとなり、価格は2196万円(税込)となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp