新世代ボルボの主力モデルとして、世界でも好調なセールスを記録するミッドサイズステーションワゴン『V60』に、電動モデルとしてプラグインハイブリッド(PHEV)を搭載するPolestar Engineered(ポールスター・エンジニアード)のファイナルとなる特別限定車『V60 Recharge Polestar Engineered(リチャージ・ポールスター・エンジニアード)』が150台限定で登場。同時に、直列4気筒2.0リッター直噴ターボエンジンに、7G-DCT(7速デュアルクラッチ式トランスミッション)と48Vハイブリッドを組み合わせたB4パワートレーン搭載の特別仕様車『V60 Ultimate B4 Dark Edition(アルティメットB4ダーク・エディション)』も導入され、9月1日より同時発売となっている。

 前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のPHEVを搭載する『V60リチャージ』をベースに、そのハイエンドモデルとして設定されたV60リチャージ・ポールスター・エンジニアードは、60シリーズで唯一となるT8 AWDパワートレーンを搭載し、合算参考出力は462ps(317PS/400Nm+145PS/309Nm)という圧倒的なパワーを発揮する。

 そのパワーサプライを支える電池容量18.8kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、EV走行換算距離(等価EVレンジ)は87㎞を達成。ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/Lを記録するなど、高次元の走行性能と優れた環境性能を両立させるとともに、PHEVならではの高い静粛性と快適性も実現している。

 シリーズで最もパワフルなパワートレインに合わせて、その高出力を受け止めるシャシーも強化され、22段階の減衰力調整が可能なオーリンズ製DFVショックアブソーバー&強化スプリングを装着。ワゴンモデル最高峰の俊敏なフットワークを実現した。

■ブレンボ製ブレーキにタワーバー、専用ホイールで性能強化
 さらにブレンボ製6ピストン・フロントブレーキキャリパーにスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/371mm)、ストラットタワーバー、19インチの専用鍛造アルミホイールを装着するなど全方位で性能強化が図られている。

 一方、ラグジュアリーなインテリアに、ダイナミックなエクステリアと俊敏な走りを生み出すスポーツサスペンションを組み合わせた特別仕様車V60アルティメットB4ダーク・エディションは、ベースモデルに準じてベンチレーションやリラクゼーション機能を有するナッパレザーシートや、オレフォス社製クリスタルシフトノブなど、北欧ならではとなるおなじみの世界観を体現したインテリアを採用。

 エクステリアのみグロッシーブラックを基調とし、最高出力197PS、最大トルク300Nmの48Vマイルドハイブリッドに、より俊敏な走りを生み出すスポーツサスペンションが与えられたことで、ラグジュアリーとスポーティが絶妙に融合した特別仕様車となっている。

 前述の特別限定車V60リチャージ・ポールスター・エンジニアードの販売台数は全国150台が予定され、今回の導入を以て“ポールスター・エンジニアード”モデルは販売終了となり、価格は969万円に。同じく、特別仕様車V60アルティメットB4ダーク・エディションの価格は639万円(ともに税込)となっている。