2022年F1第15戦オランダGPの決勝レースが行われ、ハースのミック・シューマッハーは13位、ケビン・マグヌッセンは15位でレースを終えた。

■ミック・シューマッハー(ハースF1チーム)
決勝=13位
 最高のピットストップにはならなかった。フロントジャッキが下りないという問題だったと思うけど、それで今週末はポイント争いから脱落してしまったようだ。それでもここに来られたのは素晴らしいことだし、後方にはいたものの、とても楽しめたよ。セバスチャン(・ベッテル)とバトルをするのはいつだって最高なことだ。こういうこともある。今では、今後のレースでポイントを獲得することに目を向けているよ。

■ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)
決勝=15位
 レース中にウォールに接触するのがいいことであるわけないし、あれは僕のミスだった。ハードに攻めすぎてしまい、リヤを失ってコースから外れてウォールに当たってしまった。戻ってレースを続けることはできたけれどね。競争に戻るのにベストを尽くしたけれど、長い時間がかかってしまった。なんとか少し順位を上げて、15位でフィニッシュした。少々不毛な週末になってしまったが、次戦はもっと結果を出せるよう願っている。