ポルシェは、開発中のLMDh車両『ポルシェ963』でのWEC世界耐久選手権第6戦バーレーン8時間レース参戦を見送ることを明らかにした。現在進めているアメリカでのテストプログラムに集中する、としている。

 ポルシェは2022年6月、2023年からWECとIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に投入する963を正式に発表し、開発テストを続けてきた。FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブは、2023年の正式導入に先立ち、LMDh車両の“レース・バイ・レース”での2022シーズン参戦を認める条項を設けており、ポルシェはこれを利用して11月のバーレーンでの最終戦へ参加することを積極的に検討していた。

 バーレーンへの参戦断念という決定は、8月末に下されたものとみられる。

 ポルシェLMDhファクトリー・モータースポーツ・ディレクターのウルス・クラトレは、「テストの計画が変更になった」と説明した。

「かねてから、何が我々にとってもっとも理に適ったものかを確かめると言ってきたように、我々はそれらを評価した。そして、バーレーンに行くことが最大の意味を持たない、と判断した。だから、我々はそこへ行かないことにした」

「我々は、北米でのさまざまなテストについて議論しているところだ。(バーレーンに行かないことによって)加えられた時間をどう使うか、検討していく」

「移動時間や物流など、フライアウェイでのテストやレースで消費されるものは多かったはずだ。その時間を、いかに有効に使うかだ」

「そのレース(最終戦)でテストをするのはいいことだと思う。クルーやオペレーション全体にとって、レースの環境はいつもとは違うプレッシャーがかかるので、良いことだ。だから(以前は)、参戦を考えていた」

「だが、あらゆる可能性を検討した結果、やらないことにしたんだ」

 クラトレはまた、10月3〜5日にロード・アトランタで行われるIMSA公認テストにはポルシェ963が参加しないことも明らかにした。このテストは12月にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで予定されている公認テストとは異なり、LMDhマニュファクチャラーへの参加義務付けはされていない。

「最初から、10月のテストへの参加は計画されていないかった。それは常に、我々の計画には沿わないものだったのだ」とクラトレは語っている。

 ポルシェは先週、デイトナでの2日間のテストを終えており、ここにはアキュラとキャデラックのLMDh車両も参加していた。このテストは、7月にセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われた5日間の走行に続く、アメリカでの2回目の走行となった。

 この間963は、8月にはモンツァでのテストと、ポルシェのバイザッハでのテストトラックでのさらなるシェイクダウンを経てアメリカへと戻っていた。彼らは共通MGUの問題の解決にあたっていたのだ。現在、そのマシンはポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの完全なるレース・カラーリングをまとっている。

「サプライチェーンの問題と、あるサプライヤーからの技術的な問題に悩まされ、やや足踏み状態が続いてるんだ」とロジャー・ペンスキーは語っている。

 クラトレによると、2台のテストシャシーの走行距離は1万6000kmを超えており、2023年1月のIMSA開幕戦デイトナ24時間レースでのデビュー前には、3万kmを達成することが目標だという。

「テストの計画は、常に何らかの理由により変更されるものだ」とクラトレ。

「今年のはじめに、少し計画を変更していたのだが、現在はもともとのスケジュールに戻っている」

 ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツのマネージング・ディレクターであるジョナサン・ディウグイドは、12月6〜7日にデイトナで行われるIMSA公認テストを含め、11月までに2台の車両を用意するため、アメリカでのテストを強化する予定だと述べている。

 ポルシェはこれまで3台の963シャシーを製造しており、1号車はFIAのクラッシュテストとスタティックテストのために割り当てられ、2号車と3号車はそれぞれ主に欧州とアメリカでのテストに使用されてきた。この2台のテスト車両は、後日レース用のシャシーへと置き換えられる予定となっている。

「12月に新しい(シャシーの)レースカーを手にできるかどうかは分からないが、来年には間違いなく新しいシャシーができるだろう」とクラトレは付け加えている。