長年F1を取材しているベテランジャーナリスト、ルイス・バスコンセロス氏が、全20人のドライバーのグランプリウイークエンドの戦いを詳細にチェック、独自の視点でそれぞれを10段階で評価する。今回はオランダGPでの戦いぶりを振り返る。

───────────────────────────

■評価 9/10:圧勝でなくともしっかりポール&優勝を獲得したフェルスタッペン

マックス・フェルスタッペン(レッドブル):予選1番手/決勝1位
ルイス・ハミルトン(メルセデス):予選4番手/決勝4位
シャルル・ルクレール(フェラーリ):予選2番手/決勝3位

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、ポールポジションを獲得し、優勝も達成、母国のファンを喜ばせた。だが、圧勝というわけではなかった。終盤のセーフティカーピリオドがなければ、メルセデスの一台に敗れていたかもしれない。ポールポジションラップも完璧といえるレベルではなかったが、それでもフェラーリ2台に勝てたことは大きかった。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、優勝をつかめなかったことに非常に悔しい思いをしながら、オランダを去ったことだろう。予選Q3最後のラップでは、フェルスタッペンを上回るかと思われたが、セルジオ・ペレスのスピンによるクラッシュでイエローフラッグが出てしまい、タイムを更新できなかった。あのラップを走り切っていれば、ポールにかなり近いところまでいけたのは間違いない。

 決勝での走りも素晴らしく、正しい動きを積み重ねて、奇跡の優勝へと突き進んでいた。しかし終盤のセーフティカーによって、それは実現しなかった。リスタートのタイミングが完璧なら、ハミルトンには満点を与えたいところだった。

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)はマシンのパフォーマンスが振るわず、苦戦していたが、予選では、ターン10でミスをしなければ、ポールポジションをつかんだことだろう。しかしセクター3での挽回は素晴らしく、21.5秒に満たない短いセクターのなかで他の全員より0.1秒速く走った。

 レースではフェルスタッペンをとらえようと奮闘したが、F1-75にはミディアムタイヤでもハードタイヤでも力が足りず、ハミルトンが戦略によって後退せざるを得なかったことで、ルクレールはなんとか表彰台に上ることができた。




■評価 8/10:チームメイトに及ばずも堅実な走りで2位をつかんだラッセル

ジョージ・ラッセル(メルセデス):予選6番手/決勝2位

 ジョージ・ラッセル(メルセデス)が2位に入ったことが、メルセデスにとってせめてもの慰めになっただろう。ラッセルは週末を通して堅実な走りを見せたが、チームメイトの陰に隠れて目立たなかった。日曜にペースが向上したが、ハミルトンには及ばず。だがレース終盤、チームが2台の戦略を分け、ラッセルにより速いタイヤを与えたことでチャンスが訪れ、18ポイントを獲得した。


■評価 7/10:サインツは悲惨な展開で上位から脱落

カルロス・サインツ(フェラーリ):予選3番手/決勝8位
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ):予選13番手/決勝6位
エステバン・オコン(アルピーヌ):予選12番手/決勝9位
ランド・ノリス(マクラーレン):予選7番手/決勝7位
アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ):予選15番手/決勝12位
セルジオ・ペレス(レッドブル):予選5番手/決勝5位

 カルロス・サインツ(フェラーリ)は予選前まではルクレールより速かったが、予選で逆転が起き、レースではさらに差が拡大した。最初のピットストップでタイヤが用意されていないという悲惨な目に遭い、10秒をロスした。うまく挽回してペレスの前を走っていたものの、幾分不可解なペナルティを受けて、3ポジションを落とす結果となった。

 フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は予選で珍しくミスを犯し、Q3進出を逃した。決勝では再び輝きを見せ、F1チームがドライバー選択の主な基準として年齢を考慮するのは誤りであることを証明した。着実に順位を上げていき、ハードタイヤをうまく使いこなし、サインツのペナルティもあって、6位をつかんだ。

 エステバン・オコン(アルピーヌ)はマシンバランスに満足いかず、Q2で敗退。決勝最初のラップで9番手までジャンプアップした後、ソフトタイヤでのスティントを長く取りすぎて、アロンソとランス・ストロールの後ろに下がった。ハードタイヤでのペースがアロンソほどよくなかったものの、後にアストンマーティンの前に出て、終盤、SCピリオドでのピットインが1周遅かったことでランド・ノリスより下位に下がった。

 ランド・ノリス(マクラーレン)の7位は喜ぶほどの結果ではなく、マクラーレンはアルピーヌにポイント差をどんどん広げられている。しかしノリス自身は2台のアルピーヌを相手によく戦った。今回も予選で素晴らしい走りを見せて、ラッセルに迫るタイムを出し、決勝スタートでラッセルを追い抜いてみせた。とはいえその位置を守れるだけの速さはなく、ラッセルをさほど苦しめることができなかった。後にアロンソにアンダーカットされ、直線スピードが足りずに、最後まで抜き返すことができなかった。

 アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)は、おそらく最も遅いマシンに乗っていたにもかかわらず、速さと一貫性を今回も見せつけた。予選でQ2に進み、スタートではポジションをふたつ落としただけで済んだ。ギャンブルでオーバーカットを試み、バルテリ・ボッタスの後ろに下がったが、ハードタイヤでのペースが良く、最終的に12位でフィニッシュした。

 セルジオ・ペレス(レッドブル)はサインツのペナルティで繰り上がって5位と、期待外れの結果に終わった。Q3をスピンで終えたことは、フェルスタッペンのポールを守ることにもなったかもしれないが、自分自身のポジションは5番手にとどまった。決勝では表彰台争いには絡めず、ただチームへの貢献として、ハミルトンを激しいディフェンスで抑えつけ、3秒失わせた。レッドブルにとっては理想的なナンバー2ドライバーなのかもしれない。


■評価 6/10:スタートからうまくいかなかった角田

ピエール・ガスリー(アルファタウリ):予選11番手/決勝11位
角田裕毅(アルファタウリ):予選9番手/決勝リタイア
ランス・ストロール(アストンマーティン):予選10番手/決勝10位
周冠宇(アルファロメオ):予選14番手/決勝16位
ミック・シューマッハー(ハース):予選8番手/決勝13位

 アルファタウリのふたりにとってフラストレーションがたまる週末だった。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は角田裕毅(アルファタウリ)に敗れる形でQ2でノックアウト。しかし結局ふたりともポイントを獲得することができなかった。角田のスタート失敗でふたりともがポジションを落とし、ペース的にもアルピーヌに戦いを挑める速さはなかった。

 レース終盤、角田が異常を訴えていたにもかかわらず、チームはデフの不具合を見つけることができなかった。最終的に角田がコース上でストップしたことでVSCが導入され、全員のレースに影響を与えた。ガスリーは43周目に11番手に上がり、限界までプッシュして戦ったが、それ以上挽回することはできなかった。

 ランス・ストロール(アストンマーティン)は10位で1ポイントを獲得。予選で輝きを見せ、Q3に進んだものの、トラブルで走れずに終わった。決勝では、優れたトップスピードを持つマシンでありながら、ストロールはスタート時に角田とミック・シューマッハーの前に出た後はポジションを上げていくことができず、アルピーヌ2台にかわされ、最終スティントをニュータイヤで走ったにもかかわらず、オコンに挑むことができなかった。

 周冠宇(アルファロメオ)は、予選でチームメイトを破ったが、決勝ではアルファタウリ2台に引っかかり、さらにピットレーンでの速度違反のペナルティにより、ポジションを落とした。

 ミック・シューマッハー(ハース)は、予選で速さを見せて8番グリッドを確保したものの、レースペースはよくなかった。遅い上にタイヤの持ちも悪く、ポジションをどんどん落としていき、前に位置していたセバスチャン・ベッテルのペナルティがあっても、シューマッハーは13位どまりだった。


■評価 5/10:ボッタスは予選Q1で敗退

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ):予選16番手/決勝リタイア

 バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)は、予選で振るわず、Q1で敗退。決勝スタートも決まらず、さらにポジションを落とした。レースペースとタイヤの持ちの持ちの良さを生かしてアルボンと12番手を争っていたが、終盤にエンジンが壊れてしまった。


■評価 4/10:予選で僚友に大きく離されたマグヌッセン

ケビン・マグヌッセン(ハース):予選18番手/決勝15位

 ケビン・マグヌッセン(ハース)は、チームメイトがQ3に進んだ予選でQ1敗退。決勝2周目には盛大なコースオフでポジションを下げた。タイヤを長持ちさせることができ、周冠宇がペナルティを受けたことによって、アルファロメオの上に上がることができた。


■評価 3/10:ハミルトンをブロックしたベッテル

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン):予選19番手/決勝14位
ダニエル・リカルド(マクラーレン):予選17番手/決勝17位
ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ):予選20番手/決勝18位

 セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、ザントフォールトでの最後のグランプリで良い思い出を作ることができなかった。予選ではターン13でミスをしてQ1で敗退。決勝ではピットアウトした後に、ハミルトンにひどいブロックをした。ペナルティを受けたのも当然で、それによって14位となった。

 ダニエル・リカルド(マクラーレン)は今回も忘れてしまいたい週末を過ごした。Q1で予選を終え、決勝では序盤はまずまずだったが、その後、タイヤ交換を繰り返し、ポジションを落とし続けた。

 ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)はまたもや予選と決勝の両方で一番遅く、活躍し続けるチームメイトから遠く離れた場所にいた。