9月8日、WRC世界ラリー選手権第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』が開幕。オープニングステージのSS1がアテネ・オリンピック・スタジアムに設けられた特設コースで行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)がトップタイムをマークした。2番手にはWRC2クラスを戦うテーム・スニネン(ヒョンデi20 Nラリー2)がつけている。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合18番手に沈んだが、首位とのタイム差は3.5秒と僅差だ。

■2022年WRC世界ラリー選手権第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ暫定結果 SS1後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー11'58.4222T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+0.136D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+1.048O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1.1525E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+1.2630G.ギル(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+1.3719S.ローブフォード・プーマ・ラリー1+1.3869K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1.5104E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+1.81142C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+1.8137P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+2.71533E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+2.81644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+2.91818勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+3.5
※リザルトは編集部集計