前日に首都アテネで開幕したWRC世界ラリー選手権第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』は9月9日、ルートラキを起点にデイ2のSS2〜7が行われ、元9連覇王者のセバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)が総合首位に浮上。総合2番手にはピエール-ルイ・ルーベ(フォード・プーマ・ラリー1)がつけ、Mスポーツ・フォードWRTがワン・ツー体制を築いている。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合10番手だ。

 アテネの西、ルートラキを起点として争われた“神々のラリー”の競技2日目は、Mスポーツ勢が6つのステージすべてでトップタイムを記録する1日となった。今季開幕戦でフォード・プーマ・ラリー1にデビューウインをもたらしたローブはそのひとりだ。

 今戦が2022年シーズン4度目のWRC参戦となっている元9冠王者は、日中のサービスが設定されていないこの日のオープニングでベストタイムを刻み総合首位に躍り出ると、続くSS3でも連続ベストを記録。さらに、午前中最後のステージとなったSS4でもエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)と最速タイムを分け合い、この時点で総合2番手につけるティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)とのギャップを6.4秒とした。

 しかし、ローブはSS5“ダフニ”で失速。ヘアピンを曲がりきれず手痛いタイムロスを喫し、同ステージでキャリア初のステージ優勝を飾った僚友ルーベに首位を明け渡すこととなる。9度のワールドチャンピオンからトップの座を奪ったルーベはSS6でもベストタイムをマークし、総合3番手から2番手に上がってきたラッピに対するギャップを7.8秒に拡げてみせた。

 このまま若手フランス人がフルデイ初日をリードするかと思われたが、1日の最後のステージであるSS7でルーベのマシンにパワーステアリングのトラブルが発生。この影響で9番手に沈んだルーベは順位をひとつ落とし総合2番手に。彼に代わって首位に立ったのは、この日4度目となるステージ最速タイムを記録したローブだった。両者のギャップは1.7秒だ。表彰台圏内でトップと8.7秒差の総合3番手にはトヨタのラッピがつけている。

「このステージは本当にハードに進もうと決めていた。なぜなら前のステージでは多くのタイムを失ってしまったし、自信があまりなかったためだ」と語ったローブ。

「地面に石があり、それが車体の横にぶつかって一瞬マシンが持ち上がってしまったが、問題なかったよ」

■路面の掃除役を強いられたロバンペラは1分以上おくれる

 初日にトップ4を独占したヒョンデ勢は、ラッピから7.3秒遅れた4番手ヌービルを先頭にダニ・ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)、オット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合5番手、6番手で並ぶ結果に。なお、3連勝でシーズン4勝目を狙うタナクはSS4以降、ハイブリッドユニットに不具合を抱えながらの走行となった。

 TOYOTA GAZOO Racing WRTは“ヒョンデ艦隊”との間にガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)を間に挟み、エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)が僅差の総合8番手、カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)はチームメイトから33.3秒、トップからは1分7秒遅れての総合9番手に。10番手にはアクロポリス・ラリー初参戦の勝田が続いた。

 好調Mスポーツ勢の中で唯一トップ10圏外となったクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)は、SS4“ルートラキ2”でのパンクが響きトップから2分15秒遅れの総合11番手となっている。

 アクロポリス・ラリー・ギリシャのデイ3が行われる10日(土)は、サービスパークがあるラミアを中心に、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行する。147.98kmに上る6本のSSの合計距離は今大会最長。これにリエゾン(移動区間)を加えた1日の総走行距離は450.54kmとなる。