9月10日に静岡県の富士スピードウェイで行われたWEC世界耐久選手権第5戦『富士6時間レース』の公式予選。地元戦を迎えたTOYOTA GAZOO Racingは、小林可夢偉がステアリングを握った7号車トヨタGR010ハイブリッドが1分29秒234という総合トップタイムを記録しポールポジションを獲得、僚友8号車もブレンドン・ハートレーの手により1分29秒254で2番手につけた。

 予選後、TOYOTA GAZOO Racingはドライバー兼WECチーム代表を努める可夢偉と、今季からチームに加わり8号車をドライブする平川、ふたりの日本人ドライバーのグループインタビューを開催し、予選を振り返るとともに、アルピーヌとプジョーというライバル勢の速さ、そして6時間の決勝レースへの意気込みを語った。

※ ※ ※ ※ ※ ※

──小林可夢偉選手のポールラップを改めて振り返っていただければと思います。
小林可夢偉(以下、小林):僕のポールラップに関しては、予選なので仕方がないですがアルピーヌが前にいて少しロスしたかなという感じもしていました。ですが、何とかギリギリのところでポールポジションを獲得することができて良かったです。

 ただ、全体的に出せる力は出したかなと思っているものの、もう少し自信を持ってアタックできれば、もう少しプッシュもできたなというくらいの割合です。なので、100%プッシュしてアタックをまとめたというわけではなく、結構コンサバティブな状態でのタイムだったというのが正直な感想です。ただ、クルマとしては想像以上に良かったので、それが結果的にタイムに繋がったのだと思います。

──ブレンドン・ハートレーがアタックしていたとき、平川亮選手はどんな気持ちで予選を見守っていましたか?
平川亮(以下、平川):予選を見ているときの気持ちは、もちろん自分たちのクルマを応援することしかできないので『頑張れ!』と念を送っていました。そのなかでトヨタの2台が僅差で予選を終えることができ、2台のレベルの高さが予選でも出たと思います。

 セッション中にはいきなりアルピーヌがセクター2で紫(全体ベスト)を記録して、みんながそわそわしている場面もあったりして、アルピーヌとのタイム差も結構近かったので少しドキドキしましたけど、外から見ていると、比較的2台ともいつもどおりの予選をしていて、(ハートレーの)予選ラップも良かったと思います。

──練習走行では少し離されているかと思われたアルピーヌが予選で差を詰めてきて、最終アタックでは0.212秒差の3番手につけました。このアルピーヌの速さについてはどう思っていますか?
小林:アルピーヌは予想以上に速いです。全く気を抜けない状態なので、トヨタとしてもしっかりと準備をして明日に向けていかないといけないと思っています。

平川:僕も可夢偉選手と同じ意見で、練習走行では『アルピーヌはそこまで早くないのかな?』と思ったら、やはり予選でタイムを上げてきました。それはル・マンなどと雰囲気が似ていて、油断できないということは間違いないです。明日の決勝も簡単なレースではないことは間違いないですが、そのなかでしっかりと自分たちの力を発揮できればいいなと思います。

──富士でプジョー9X8と一緒に走ってみての印象はいかがですか?
小林:難しいですよね。ぶっちゃけ『本当にこの差なのか?』というのは、耐久レースなので明日にならないとわかりません。正直今のレベルでどうのこうの言うのは違うとも思うので、明日の決勝が終わってからの差がどうなのかということを見てみたいと思います。

平川:僕は何回かプジョー9X8の後ろについて走行する機会があり、どちらかというとモンツァ(第4戦)と雰囲気が似ていて、ストレートは僕らが速く、コーナーはプジョーが速いという印象はモンツァから変わっていません。予選ではもう少し来るかなと思ったので、少し『あれ?』という感じは自分自身しています。ですが、モンツァでは信頼性の部分でプジョーはクルマが止まったりしていましたけど、今回はトラブルもなさそうなので、そのあたりは進歩してきているのかなと思います。

──明日の決勝レースに向けての抱負はいかがでしょうか?
小林:まずは今日ポールポジションを獲ることができ、チームとしてワン・ツーで予選を終えることができました。非常にうまくいった予選だったと思います。ただ、耐久レースはなんと言っても決勝が勝負です。明日の決勝もワン・ツーでゴールができるようにいろいろな準備をして、しっかりと明日のレースに向けて準備していきたいと思います。

平川:自分は予選アタックを担当しませんでしたが、予選前の練習走行などで、今回トヨタGR010ハイブリッドにとって初の富士ということで、いろいろとセッティングなどを詰めていく作業をしてきました。今日の予選に関しては、トヨタでワン・ツーを獲ることができてまずは一安心なのですが、やはりレースが大事です。明日の決勝も6時間という長丁場ですが、いつもどおりやれば結果は出ると思います。ホームレースですし、いつもどおりの力をしっかりと発揮したいと思います。