2022年F1イタリアGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は15番手だった。金曜時点で、戒告処分5回到達、パワーユニット新エレメント投入、FP2でイエローフラッグ掲示時に十分減速しなかったことにより、3つのペナルティが科され、グリッド後方からのスタートが決まっており、土曜発表の暫定グリッドでは最後尾20番グリッドが与えられている。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、角田の土曜について、次のように振り返った。

「金曜に2台でタイヤと空力のデータを大量に集めたことで、マシンを改善するためにどの方向に進むべきかが明確に分かり、昨夜のうちにセットアップがしっかりまとまった」

「FP3はスムーズに進み、3つのタイヤコンパウンドについてにデータをさらに集め、2台がまずまずな状態で予選に臨んだ。2台ともQ1を余裕を持って通過。裕毅はペナルティを受けるため、彼がQ2に進んだ後は、それ以上の走行を行う大きな理由はなかった」

「裕毅は後方グリッドからのスタートになるが、ここまでのところ、強力なペースを発揮しており、彼をトラフィックのない場所で走らせることができれば、ポジションを上げていくはずだ」

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
FP3 8番手(1分22秒430:ソフトタイヤ/27周)
予選 15番手(Q1=8番手1分22秒020:ソフトタイヤ/Q2=15番手ノータイム)
暫定20番グリッド

 今週末はペナルティを受けるため、予選よりレースペースに重点を置いて作業を行ってきました。それでも今週末のショートランペースには満足しています。マシンの感触がとても良く、Q1では強さを感じました。

 Q2では、チームメイトを助ける必要がある場合に備えて、マシンのなかにとどまっていました。このトラックではトウが役に立つときがあるからです。でも最終的にピエール(・ガスリー)にそれは必要ないとチームは判断し、走りませんでした。

 これからは明日のレースに気持ちを集中させていきます。難しいレースになるでしょうが、モンツァはオーバーテイクが可能ですし、大勢が(ペナルティのために)通常とは異なる位置からスタートするので、何が起こるか分かりません。