9月10日(土)に行われたWRC世界ラリー選手権第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』のデイ3は大荒れの展開に。セバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)をはじめとする前日のトップ3が揃って脱落したほか、さまざまなアクシデントが選手たちを襲う“サバイバル”の様相を呈した1日となったなか、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が新たなラリーリーダーとなっている。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合7番手だ。

■2022年WRC世界ラリー選手権第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ暫定結果 SS13後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー13h06'34.428O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'27.936D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+0'52.9433E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1'00.057P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+2'40.1642C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+3'47.2718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+4'41.2825E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+5'58.41969K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+16'04.1R19S.ローブフォード・プーマ・ラリー1TC9R9J.セルデリディスフォード・プーマ・ラリー1TC11R44G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1SF11R4E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1TC13
※リザルトは編集部集計