2022年F1イタリアGPの土曜予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルは6番手だった。他車のペナルティにより、ラッセルは2番グリッドからスタートする予定。

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 7番手(1分22秒357:ソフトタイヤ/24周)
予選 6番手(Q1=5番手1分21秒785:ソフトタイヤ/Q2=6番手1分21秒747:ソフトタイヤ/Q3=6番手1分21秒542:ソフトタイヤ)
暫定2番グリッド

 Q1はフェラーリからコンマ数秒差といういいスタートを切ることができ、最終的にそのぐらいの位置に収まるものだと期待していた。でも、その後、予選は僕たちの期待から離れていき、結果的には1.4秒差をつけられた。

 最後のランではリスクを取って、明日に向けて新品のソフトタイヤを1セット温存した。そのランでは(他車のグリッド降格ペナルティにより)明日の2番グリッドを争っていたことになるので、ランド(・ノリス)にもフェルナンド(・アロンソ)にも上に行かれずに済んでよかったよ。

 レースに目を向けると、僕たちは自分自身のことに集中する必要がある。マックス(・フェルスタッペン)を抑え続けることは難しいだろうし、シャルル(・ルクレール)は前からのスタートで、後ろからはセルジオ(・ペレス)、カルロス(・サインツ)、ルイス(・ハミルトン)がやってくる。自分のレースをして、表彰台圏内にとどまることに集中し、いいバトルをしなければならない。

(予選後の会見で語り)予選でレッドブルやフェラーリと戦えないだろうことは分かっていた。だから、僕たちは、レースで力を発揮するマシンに仕上げ、中団勢より前のグリッドを確保することを目指していた。その目標を達成したよ。

 明日はスタートでシャルルの前に出られるようベストを尽くす。マックスは他とは違うレベルのパフォーマンスを発揮するだろうから、あまり彼に目を向けるつもりはない。僕たちが戦う相手はシャルルだと思っているんだ。