9月11日、WRC世界ラリー選手権第10戦『アクロポリス・ラリー・ギリシャ』の競技最終日、デイ4がギリシャのラミアを中心に行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル/マルティン・ウィダグ組(ヒョンデi20 Nラリー1)が今季初優勝を飾った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合6位入賞を果たしている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第5戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ暫定結果 SS16後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー13h34'52.028O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'15.036D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+1'49.747P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+3'42.2542C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+4'09.0618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+6'21.1725E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+7'46.6823N.グリアジン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+8'22.7TBD69K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+16'49.0TBD4E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+24'39.0TBD44G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+31'34.4
※リザルトは編集部集計