9月11日、2022年FIA F2第13戦モンツァのフィーチャーレース(決勝レース2)がイタリアのモンツァ・サーキットで開催され、ホンダ&レッドブル育成の岩佐歩夢(ダムス)は3位表彰台に上がった。しかし、レース後の車検で技術規則違反が見つかり、岩佐の17号車は失格となった。

 ペースの上がらない車両で粘りの走りを見せた岩佐は、完走14台と大荒れとなったレースで3位表彰台を獲得。15ポイントを獲得し、ドライバーズランキングも6位から4位に浮上。スーパーライセンス発給条件クリアに向けて、大きく前進を果たしていた。

 しかし、決勝レース2終了後の車検で、車体下部のスキッドブロック中央部の厚みが、最大で3.7mmであることが判明した。

 FIA F2では技術規則第4条2項において『前方地面に向かって車体の下に取り付けられているスキッドブロック(プランク)の前部と中央部の厚さは、常に5mm/誤差±1mmでなければならない』と、スキッドブロックについてその厚みと許容範囲を定めている。

 しかし、岩佐の車両のスキッドブロックは中央部が3.7mmと、規定の5mmから1.3mm薄く、許容範囲からも0.3mm薄かった。これが技術規則第4条2項違反と判定され、岩佐の乗る17号車に対し失格の判定が出された。

 これで4位でチェッカーを受けたエンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ・レーシング・システム)が3位に繰り上がり表彰台を獲得。15ポイントを獲得するはずだった岩佐はノーポイントとなったことでドライバーズランキング9位に後退している。