フォードは9月14日夜、アメリカ・デトロイトで開催された2024年型マスタングの市販車およびレースカーのラインアップ発表会において、新型マスタングGT3を初披露した。

 6台のマスタングのレースカーやサーキット走行用車両が登場する1分間のビデオでは、NASCAR、NHRA、オーストラリアン・スーパーカーのマスタングに加え、マルチマチック製の新しいGT3とGT4の姿が初めて明らかとなった。

 フォードパフォーマンス・グローバルモータースポーツディレクターのマーク・ラッシュブルックによると、マスタングGT3は2024年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦となるロレックス・デイトナ24時間で公式レースデビューし、GT4バージョンは2023年後半にレースを開始する予定だという。

「フォード・パフォーマンスは、フォードのモータースポーツにおける伝統と、パフォーマンスという点で、我々にとって重要な役割を担っている」と、ラッシュブルックは語っている。

「マスタングそのものが、わが社にとって重要なクルマなんだ。素晴らしい歴史を持つ象徴的なクルマだ。今夜は、それが当分の間、一般道でも、レーストラックでも続いていくことを世界に伝えるためのものだった」

 ラッシュブルック自身の考えでは、マスタングを中心としたグローバルな活動の推進は、2016年のル・マン24時間レースにおけるGTEプロクラスでの勝利で注目を集めたフォードGTによる以前のファクトリーGTEプログラムよりも、大きな意義があるという。

「2016年から2019年にかけて、(フォード)GTでル・マンに参戦したことは、その歴史とあのクルマが我々にとって意味するもの、そして現在のGTが我々にとって意味するものから、大きなことではあった」

「だが、我々がいまマスタングでやっていることは……もっと大きなことだと思う。マスタングは長い間、我々の会社の一貫した一部分を成してきた象徴的なクルマだ」

「GT3では、我々が世界のどこでも販売しているクルマを使ってレースができる機会を得たわけで、それは大きなことだ」

 また、フォードは「7代目のお披露目を終えたばかりのフォード・マスタングが、間もなくル・マンに帰ってくる」と、発表されたリリースのなかで宣言している。

「マスタングは世界中の素晴らしいサーキットでレースをしているが、我々の歴史にとってル・マンほど意味のあるレースやサーキットはない」と、エグゼクティブ・チェアマンのビル・フォードは断言する。

「そこは1960年代にフェラーリに挑んで勝利を収めた場所であり、その50年後に我々は再びル・マンへと戻り、世界に衝撃を与えた」

「マスタングが、ル・マンに帰ってくる。再び、我々は地獄のように進むのだ」

 ル・マン/WECのGTカテゴリーは、2023年限りで現行のLMGTE規定が終了。2024年からは、GT3をベースとするカテゴリーに生まれ変わる予定となっている。